強さと上手さを随所に見せた長澤。今後のプレーが非常に楽しみだ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[親善試合]日本0-1ベルギー/11月15日/ブルージュ(ベルギー)

 手応えと力の差を感じた代表デビュー戦だった。
 
 インサイドハーフで先発出場を果たし、62分までピッチに立った長澤和輝。持ち前のテクニックと球際の強さでベルギーと真っ向勝負を挑み、試合に敗れたとはいえ、今後につながるパフォーマンスを見せた。
 
 そんなベルギー戦の出来を長澤は試合後のフラッシュインタビューで振り返り、「前回のブラジル戦は1-3で負けて、入りが良くなかった。なので、そこを改善しようと思って試合に入った」と語った。
 
 Jリーグでのアピールが功を奏し、長澤は今回の欧州遠征で代表に初招集された。専修大卒業後はブンデスリーガのケルンでプレーをしていたこともあり、海外の選手を相手に動じることはなかった。

「相手が準備できていないところからチャンスが作れた。チャンスを決め切れれば良かったのですが」(長澤)

 本人もゴールに結びつかなかったことを反省しつつ、手応えを感じたと話す。
 
 ただ、強豪国との戦いで差を感じるところも大いにあったようだ。「ベルギーは個の力が高いので、1対1のところでもっと戦えれば良かった」と長澤は今日のプレーに満足していないことを明かし、ハリルホジッチが重要視するデュエルにも言及した。
 
 初の日の丸でまずまずのプレーを見せた長澤。ACL決勝を勝ち上がった場合、次回の代表活動となる12月のEAFF E-1サッカー選手権(東アジア選手権)は参加できない可能性がある。

 それだけに代表定着を果たし、ワールドカップ出場を掴み取るためには浦和でのプレーが重要だ。「12月に東アジア選手権があるけど、その次は3月の活動で代表は集まるので、もっと成長していきたい」と語る25番の今後に注目が集まる。

【欧州遠征PHOTO】スタジアムに「スシ!」が響き渡る!ユーモアたっぷりのベルギーサポーターを激写!