後半は久保、森岡、杉本、乾と攻撃的な交代カードを次々に切るもも、得点を奪えず。ハリルホジッチ監督は試合後、悔しさを露わにした。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[親善試合]日本0-1ベルギー/11月15日/ブルージュ(ベルギー)
 
 日本代表は11月15日、ベルギー代表と対戦。敵地に乗り込んでの一戦は、惜しくも0-1で敗れた。
 
 日本はパフォーマンスこそ悪くなかったものの、失点シーンでは複数人で作ったブロックをいとも簡単に突破されるなど、脆さも露見した。
 
 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、「しっかりポジションも取って良いゲームの入り方をしたので、結果は少し残念です。(失点シーンで)3人、4人が抜かれてしまったのが残念でしたが、負けるに値しなかった。ただ、これもフットボールかなという感じがします」と振り返る。
 
 さらに「1試合目は存在していなかった。どういうことかというと、ブラジルを少しリスペクトし過ぎた面があった。前半の20分が良くなかった」という先のブラジル戦と比べて「今日はしっかり我々がゲームをコントロールできた」と手応えも語る。
 
 とはいえ、最後までベルギーゴールを割ることはできなかった。指揮官も最後は「得点チャンスもいくつかあったけど、残念ながら入らなかった」と、無得点で終わったことを悔やんだ。

【日本代表PHOTO】積極的な戦いで好勝負を演じるも、ベルギーとのアウェー戦に0-1で敗れる

【欧州遠征PHOTO】スタジアムに「スシ!」が響き渡る!ユーモアたっぷりのベルギーサポーターを激写!