長友が組織的守備に手応えも「負けは負け」 ベルギーとの1点の“差”を痛感

写真拡大

ブラジル戦3失点から守備を修正 「集中した守備ができ、良いゲームができていた」

 日本代表は現地時間14日に行われた国際親善試合のベルギー戦に、0-1で敗戦した。

 国際Aマッチ101試合目の出場となったDF長友佑都(インテル)は、1失点でとどめた守備には一定の手応えをつかんだ一方で、「負けは負けなので悔しい」と敗戦という結果を噛みしめた。

 10日に行われたブラジル戦で、日本は序盤に守備の統率がとれず、前半のみで3失点。短期間でFIFAランキング5位ベルギー相手にどれだけ修正が図れるかを試されたが、この日は前半から素早いチェックとブロックを敷く守備が連動。長友も左サイドで堅実な守備を見せた。

「前半からチームが一つになって集中した守備ができ、良いゲームができていたが、負けは負けなので悔しい。決めるべきところを決められた。自分たちはチャンスがあったが、決められないのが差かなと思います」

 とはいえ、こう語ったのは後半27分にできた一瞬のスキをこじ開けられたから。MFシャドリのドリブル突破に対応できず、最後は要注意人物のFWルカクにヘディングシュートを叩き込まれた。その直後には途中出場のFW杉本健勇(セレッソ大阪)、FW乾貴士(エイバル)が立て続けにフィニッシュまで持ち込んだが、相手GKミニョレの冷静なセーブに阻まれた。

「W杯まで試合数がないので…」

 後半に入って長友が高い位置を取る機会はほぼなかったのと同時に、決めきるか否か、そこに1点差ながら大きな差があったのは間違いない。

「ワールドカップ(W杯)まで試合数がないので、今日出た課題にしっかり取り組んで、自分も次に呼ばれるように頑張りたいと思います」

 ロシアW杯まであと7カ月あまり。バヒド・ハリルホジッチ監督は数多くの選手を招集している。そのなかでも円熟のサイドバックは所属するインテルで結果を残し、中軸としての責務を果たそうとの意識を強めていた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images