ハリル監督、ベルギー戦0-1惜敗に悔しさ露わ 「負けるに値しなかった」

写真拡大

組織的な守備は機能 「我々がゲームをコントロールした」と手応え示す

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督が、14日の国際親善試合ベルギー戦に0-1で敗れた後、「負けるに値しなかった」と強気に振り返った。

「しっかりポジションを取って良いゲームの入り方をしたので結果は残念です。3人、4人で簡単に抜かれてしまったのが残念。負けるに値しなかったが、これがフットボールかなと思います」

 試合後にハリル監督は、敗戦に悔しさを滲ませた。10日のブラジル戦では序盤にミスが重なり、1-3で完敗したが、この日はFIFAランク5位の欧州強豪を相手に守備ブロックが機能。後半27分に相手MFシャドリの圧巻のドリブル突破からFWルカクに決勝点となるヘディングシュートを許したが、それまでは粘りのサッカーを見せた。

「1試合目は本当に、我々は少し存在していなかった。ブラジルをリスペクトしすぎた側面があった。前半の20分が少し良くなかった。今日は我々がゲームをコントロールしたと思う。得点チャンスもいくつかあったが、残念ながら入らなかった」

 後半32分には、カウンターから途中出場のFW杉本がミドルシュートを放つなどチャンスも作ったが、ゴールは遠かった。だが、先発に抜擢した浦和MF長澤が攻守に存在感を示すなど、指揮官は惜敗のなかで収穫も手にした。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images