5年前に開発が始まったとされる米アップルの「iPhone X」が、ようやく発売されたのは今年の11月3日。つまり、iPhone Xは発売からまだ10日余りしかたっていないのだが、海外メディアは早くも、来年登場のiPhoneについて報じている。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

6.5インチのiPhone X?

 その観測を出したのは、アップル製品の市場動向に詳しい台湾KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ(郭明池)氏だ。

 同氏の最新調査ノートを入手したとする米マックルーマーズの記事によると、iPhoneの2018年モデルは、今年と同様、合計3モデルが用意される見通し。そのうち2つは、それぞれ5.8インチと6.5インチのディスプレーを備えるという。

 その2つはいずれもiPhone Xと同じく、OLED(有機EL)ディスプレーを搭載する。前者はiPhone Xの第2世代モデルという位置付けで、画面サイズは今のiPhone Xと同じになる。

 一方、6.5インチモデルは、iPhone Xの大型版という位置付けで、マックルーマーズはこれを、仮に「iPhone X Plus」と呼んでいる。

低・中価格帯モデルも用意?

 残りの1つは、画面が6.1インチと、上記2モデルの中間に当たるサイズ。こちらは、ディスプレーがOLEDではなく、従来のiPhoneと同じく液晶(LCD)。その価格は、649〜749ドルほどで、iPhoneとしては、低・中価格帯モデルとして発売されると、クオ氏は予測している。

 そして、これらの3モデルに共通するのは、iPhone X同様、ディスプレーが本体前面の全体を覆うデザインになるということ。

 その一方で、iPhone X前面の上部にある「ノッチ」と呼ばれる、画像を表示できない切れ込み部分は残る。この部分には、各種カメラやセンサーで構成するカメラシステム「TrueDepth」が配置されている。これにより、顔認証や自撮り写真のエフェクトなどを実現しているが、このカメラシステムは2018年の3モデルに共通して搭載されると、クオ氏は予測している。

台湾の当たり屋アナリスト

 今年発売されたiPhone Xは、予約受付開始直後、納期が「5〜6週間」へと大幅に延びた。iPhone Xの納期は今でも「3〜4週間」と、いまだ供給が需要に追い着かない状態が続いているようだ。

 しかし、クオ氏は、2018年モデルについて、こうした遅延は起きないと予測している。iPhone Xと同様の機能を搭載し、部品も共通するものが多い2018年モデルが発売されるころには、生産体制が十分に整っているはず、というのが同氏の見立てだ。

(参考・関連記事)「アップル、『iPhone X』に注文殺到か」

 クオ氏は、台湾が拠点という利点を生かしているのか、サプライチェーン(部品・生産の供給網)情報に詳しく、独自調査でアップルの新製品や発売時期を当ててきたことで知られている。

 例えば、iPhone Xの特徴は、OLEDディスプレー、5.8インチ画面、縁なしデザイン、前面・背面のガラス素材、顔認証技術の採用、ホームボタンと指紋認証の廃止などだが、同氏はこれらを見事に当てている。

(参考・関連記事)「アップル、将来版iPhoneで顔認証システム搭載か」

筆者:小久保 重信