貴乃花親方

写真拡大 (全2枚)

 内なる秘密を抱えれば抱えるほど、口にしたくなるのが人間の性(さが)というもの。元横綱・貴乃花親方(45)と景子夫人(53)の長男・花田優一(22)が、突如自らの慶事を明かした。本業である靴職人の傍ら、今年8月から事務所に所属し芸能活動も始めた彼だが、実は結婚の事実をひた隠しにしていたという。背景には角界特有の事情があったというのだが……。

 父親譲りの甘いマスクを持つ優一くんに、スポットライトがあたったのは今年4月のこと。「女性セブン」が、八角部屋所属の陣幕親方(元前頭・富士乃真)の長女(23)と交際していることを報じたのだ。

 今回、自ら結婚の事実を明かしたことで報道が裏付けられた格好だが、芸能記者はこうも言う。

花田優一氏

「交際報道後、他誌も結婚前提の関係であることを報じ、ネットメディアの中には、すでに結婚したと踏み込んだサイトもありましたけどね。それらについて、彼は公の場で何度も否定していたんですよ」

 例えば、10月3日に行われた乳がん検診の啓発イベント「エイボン ピンクリボンイベント」で、報道陣の質問攻めにあった彼は、

「(彼女は)いないです。ネットはネットですから。プライベートでは、いつかいい家庭を築きたい」

 と微笑み、16日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)では、黒柳徹子を相手にこんなやり取りまで交わしていたのだ。

徹子 ご自分の結婚なんてことはどうです?

優一 まぁ、職業的にも特殊ですし、誰か自分を支えてくれる人と出会えた時には、しっかりと一緒に添い遂げられたらなと思ってます。

貴乃花親方

 その後、理想の女性像を問われた彼は、“家族と仲良くしてくれる子”などと、あくまで独身を装って、芸能界の大先輩にうっちゃりを喰らわせたのである。

明治神宮で挙式

 だが、遡ること4カ月余り、すでに優一くんは結婚していたと明かすのは、さる相撲協会関係者で、

「6月24日、東京の明治神宮で2人は挙式をして入籍も済ませているんですけどね。ごく近しい身内しか呼ばれず、話が漏れないように警戒していたんです」

 ここに至るまで、新郎新婦の間には葛藤があったと関係者は続ける。

「2人は親が元大相撲力士という共通項はあるものの、出逢いは友人の紹介で双方の親は絡んでおらず、共に角界に携わる仕事もしていません。なのに、交際報道では、“相撲界の政略結婚”などと言われ、特に新婦の側が嫌った。それで彼も口外するのをためらっていたのですが、芸能活動では結婚について質問される機会も多くて、もう隠し通せないと決断したそうです」

 角界で一門を超えての慶事は珍しいそうだが、確かに“政略結婚”なんて言われりゃ聞こえが悪い。

 ベテラン相撲記者が解説するには、

「来年2月には相撲協会の理事長選が控えています。新婦の父・陣幕親方は、現理事長の八角親方(元横綱・北勝海)直属だから、前回選で敗れた貴乃花が、支持拡大のため息子の結婚を利用するなんて報じられましたが無理筋ですよ。今の協会は、盤石な八角体制が構築され3選が確実視されており、そもそも、陣幕親方は審判委員であって理事じゃない。選挙は10人いる理事の多数決だから関われないのです。その理事も、105人いる親方の投票で決まるので、寝返ったところで大勢に影響はありません」

 晴れて正々堂々、芸能界という土俵に立ったジュニアのガチンコ勝負は、まだこれから――。

「週刊新潮」2017年11月9日神帰月増大号 掲載