全身合わせても1万2450円という高コスパコーディネイト

写真拡大

ファッションブロガーのMBと申します。2014年・2015年度の部門大賞に続き、2016年度はまぐまぐ総合大賞を受賞したメルマガ「最も早くオシャレになる方法」などを中心に、誰でもわかる「おしゃれの教科書」的な情報を発信しています。 

編集部より経費1万円をGETしてきてオシャレをするこの好評企画、今回は「価格」「コスパ」にこだわってみました。

■ 「防寒」と「デザイン」、さらに「コスパ」も優れた良アイテム

今回使用したアイテムは以下の通り。

・ボアデニムジャケット [GU・3990円]

・スーパーストレッチカラースキニーパンツ [2490円]

・レースアップブーツ [2990円]

アウター・パンツ・靴の主要3点で1万円以内。この価格は驚異的です。ついでに……

・アゼクルーネックセーター(長袖) [990円]

・ピンオックスフォードシャツ(L)CL [GU・1990円]

インナーにこの2点を加えても計1万2450円! 「1万円企画」とある通り、この企画は当初は「1万円で全身コーディネートを組む」というものでした。しかし、「秋冬に1万円以内のコーディネートは難しい」という理由から「1万円以内で買えるものを紹介する」コーナーにいつのまにか変更(笑)。しかしながら今回は原点回帰で「1万円コーディネート」が久しぶりに実現しました。どやっ!

実は昨年も私のメルマガやサイトでオススメしていたのが、こちらの「ボアGジャン」。ユニクロデニムの質の高さはもはや世界が認めるところですが、GUも負けてはいません。ヴィンテージライクな肉感がある素材や職人による本格的な加工、ラングラーなどのボアGジャンのオリジンを意識したディティールなど、どう見ても3990円の出来じゃありません。アパレルスタッフが見ても値段を当てることは絶対にできないでしょう。

「防寒性」と「格好よさ」は頻繁に喧嘩します。ダウンジャケットがそうである通り、温かさを求めると、モコモコとボリューム感が出て不格好になるもの。逆に、裏地のないウールコートなど格好良いスタイリッシュなシルエットを実現しようとすると、どうしても「寒々しい素材」になったりします。そして両方を解決しているもの――「スタイリッシュなダウンJK」「温かいウールコート」などは、どうしても凝った素材・作りになり、高価になってしまいます。

しかし、このボアGジャンは「防寒性」も「格好よさ」もクリアしつつ、さらに「価格」も手頃に設定できているのがスゴイ。ボアとキルティングで構成された裏地は確かに温かい。ニットやマフラーなどを使えば、都内なら越冬できるくらいのふかふか感です。

細くスラリと綺麗なGジャンだけにボトムスも極端に細いスキニーパンツと、これまた細身のブーツをチョイスして、アルファベットの「I」の文字になるような「Iラインシルエット」を作りました。

カジュアルなデニム素材ですが、子供っぽくなっていないのはブーツや細身パンツ、黒ニットに白シャツなどのスーツライクな着こなしのおかげ。こうしたカジュアルアウターにはスーツライクな要素をどこかに入れることでバランスが取れるものです。

1万円前後でこんなコーディネートを組めるなんて…、本当良い時代になったものです。(WebNewtype)