9月10日に湘南モノレール大船駅で開かれた「モノレールのたび号」の出発式(筆者撮影)

湘南モノレールをモデルとした絵本『モノレールのたび』(福音館書店)。同社はこの絵本の復刊発売を記念した列車「モノレールのたび号」を9月10日から10月末まで運転した。

9月10日に大船駅(神奈川県鎌倉市)で行われた出発式には、湘南モノレールの尾渡英生社長、絵本の作者であるみねおみつ氏、福音館書店かがくのともの川鍋雅則氏らが参加。8月末にみねお氏を講師に招いて湘南モノレール本社で開いた「お絵描き教室」参加者の子どもたちから選ばれた2人の「1日駅長」の合図とともに、「モノレールのたび号」を送り出した。

出発式終了後、筆者はみねお氏に話を聞いた。みねお氏は「このたびの絵本の復刊は、尾渡社長の熱意で実現した。尾渡氏からは、絵本とモノレールの両方を伸ばしたいという意欲と文化への理解や造詣を感じる」と、尾渡氏への印象を語った。

利用者増へ相次ぐ積極策

湘南モノレールは、懸垂式モノレールの江の島線(大船駅―湘南江の島駅間6.6km)を運営する鉄道事業者で、2015年6月に三菱グループ傘下から経営共創基盤の100%子会社「みちのりホールディングス(HD)」傘下となった。そして、経営主体の変更に伴い招聘されたのが、双日で部長職を務めていた尾渡氏である。

尾渡氏は社長就任後、社員全員との個別面談を通して、「年間1000万人という乗客数の維持と、それによって得られる収入の範囲内でいかに安全運行を続けるかが優先されるあまり、収入増を目指す発想がなかった」という問題意識を得て、日常利用を増やす取り組みとして、昨年6月に列車増便を実行した。

また、観光客を獲得するために、湘南モノレール湘南江の島駅と江ノ島を結ぶメインストリートへの広告看板設置や、JR・江ノ電・湘南モノレールが1日乗り降り自由の東日本旅客鉄道(JR東日本)の「鎌倉・江ノ島パス」の積極的な告知活動にも取り組んだ。

今年7月3日からは湘南江の島駅駅舎のバリアフリー化工事に着手し、来年には「PASMO」を導入することもすでに明らかにしている。そして、湘南モノレールの知名度を高め、より親しみをもってもらうため、車両見学会などのイベントを積極的に行っている。

一方、若い世代との接点を増やす取り組みとして、インターンシップ(以下、インターン)の全学参加率が95%の湘北短期大学と連携し、湘南モノレール初となるインターン生の直接受け入れに挑戦した。インターンが実現したきっかけについて、湘北短大インターンシップセンター長の飯塚順一教授は「尾渡社長の新たな試みの1つとして、本学とのコラボレーションの形で実現した」と尾渡氏のチャレンジ精神により実現したことを明らかにする。

ICカード導入が遅れた理由は?


8月末に開かれた「車庫見学会」の様子(筆者撮影)

湘北短大のインターン生たちは、冒頭で触れた8月末の「お絵描き教室」や同日の午後に開かれた「鎌倉市ふるさと納税車庫見学会」の案内や会場撤収などをこなし、インターン終了後には、尾渡社長と広報課担当者との意見交換会に臨んだ。質疑応答では、次のようなやり取りが交わされた。

学生A:ダイヤ改正による本数増で、増収になったのか?

尾渡社長:早朝と夜の本数を増やした結果、通勤定期3.8%、通学定期1.4%、定期全体3.4%増となった。定期券の発売枚数が増えたのは、たとえば、定期券ではなく回数券を購入して、急いでいる「行き」だけモノレールを利用していた人が、帰りもバスからモノレールへ切り替えた結果であり、増便は成功したと考えている。

学生B:来年ようやくICカードが導入されると聞いた。これまで導入が遅れた理由は?

尾渡:株主・経営者が2年前に変わった。想像だが、前の経営主体はコストが高すぎると判断して導入を見送ったのではないか。経営主体が変わったことで、導入の機運が高まった。しかし、ICカード導入だけでは採算は取れない。集客効果を高めるためには、ICカード導入とバリアフリー化をセットで行うことが大切。トータルで利便性の高い鉄道を目指すことが重要だ。現状では、鎌倉市の観光客が約2130万人、藤沢市は約1860万人だが、モノレールはいまだにあまり選ばれていない。知名度が低いからだ。仮に知ってもらったとしても、ICカードが使えない、バリアもあるでは利用されない。成功するという信念に基づいて、バリアフリー化やICカード導入を進めているということだ。

学生C:外国人対応が遅れていないか?

尾渡:外国人対応はさほどコストがかからないので、しっかりやる。ホームページは多言語化した。しかし、やはり大事なのはバリアフリー化とICカード導入だ。

学生C:爆発的に乗客が増えた場合は対応可能か?

尾渡:湘南モノレールの年間乗車人員は1060万人。1編成当たり300人以上乗車可能だが、1日300本が運行されており、年間3000万人の輸送能力がある。したがって、問題ない。外国人が多いのは、両端駅。両端駅のバリアフリー化とトイレ完備を進めれば評価いただけると考えている。湘南江の島駅のバリアフリー化工事は、五輪の2018年プレプレ大会に100%は間に合わないが、エレベーターは来年4月から、エスカレーターは10月から供用開始予定。2019年のプレ大会には十分間に合う。

観光でのシェアをどう伸ばすか

学生A:商社から鉄道業界へ転身した理由は? 私自身は環境順応に苦手意識を感じているので、単純にすごいと思う。

尾渡:商社にいるときのほうが環境順応ははるかに大変だった。しかし、順応は誰でもできる。私自身は転職でそんなに異なる仕事をしている感覚はない。

大塚:現状では、湘南モノレールの江ノ島観光に占めるシェアは低い。シェア増加の秘策があれば聞きたい。


湘南モノレールと周辺各線の略図(筆者作図)

尾渡:2015年度の江ノ島エリア主要3駅(小田急片瀬江ノ島駅、江ノ電江ノ島駅、湘南モノレール湘南江の島駅)に占める各社の割合は、小田急68%、江ノ電20%、モノレール12%。湘南モノレールの乗車人員を増やす秘策は湘南江の島駅の駅舎改築。テーマパークのような楽しい駅舎を作ることも一案だ。

質疑応答の最後に尾渡氏は、インターンシップに参加した湘北短大の学生に対し、湘南モノレール公式Facebookページへ掲載するためのお絵描き教室・車両見学会に関する投稿文を課題として提示した。学生による投稿文は、後日同ページに原文のまま掲載された。

参加した学生の1人は「湘南モノレールを初めて知ったが、安全運行を守るために舞台裏で真摯に取り組んでいる社員の方たちの仕事ぶりに接することができた。公共交通機関としての使命を果たし続けることがいかに大変なことなのかを学べた」と感想を語った。

インターンでコラボする湘北短大の飯塚教授も「インターンを通じて学生たちは企業のチャレンジングな姿勢を学び、また公共交通機関に対する意識を高めることができた。湘南モノレールでのインターンを今後も継続して行い、さまざまな切り口で企業の存在意義を学生に学ばせたい」と同社に対する今後の期待を口にする。同社では湘北短大のインターン受け入れを同社公式Facebookを通じてアピールし、一定の反響を得た。インターン受け入れを通じて企業の社会貢献姿勢を示すことは、これからの企業経営にとってますます重要になるだろう。

若い世代の理解者を増やす

インターン終了から数日後、筆者は冒頭の「モノレールのたび号 出発式」に参加した。絵本作家のみねお氏に湘南モノレールに期待することについて尋ねると、「高齢化で車を運転することが困難な人が増えるので、モノレール・公共交通がもっと広がってほしい」との回答が返ってきた。

尾渡氏のリーダーシップの下で、沿線住民や若い世代、鉄道ファンなどとの積極的なイベント交流、インターン受け入れ、列車の増発と駅のバリアフリー化・ICカード導入など積極的な経営施策により活性化が進む湘南モノレール。共感の輪は広がっている。

積極的なイベント開催や若い世代との接触を増やす取り組みについて、尾渡氏は「世代を超え多くの方に愛されるモノレールを次の世代へと引き継いで行きたい」と、その狙いを語る。小さい子どもたちとの接点を増やすことは将来のファン育成と保護者に対するアピールにつながり、そしてインターン受け入れは若い世代のモノレールへの理解につながるきっかけになると期待される。

また、湘南モノレールは江ノ島エリアから大船駅への唯一の直行ルートであるが、同駅で成田空港に直通する「成田エクスプレス」の定期列車と接続する強みを有する。JR東日本との連携により「成田エクスプレス」とモノレールをセットにした企画乗車券を造成することも一案だ。観光利用を伸ばすためには、インバウンドの訪日外国人を湘南モノレールへぜひ誘致したいところである。

これからも1人でも多くの理解者を増やすことが、湘南モノレールの発展につながるはずだ。