チラシで作った軍艦と稲田幹雄さん=安来市佐久保町

写真拡大

 手作りの城や五重塔、軍艦と言えばまずプラモデルが思い浮かぶが、島根県安来市の稲田(いなた)幹雄さん(73)が材料にするのは新聞に折り込まれているチラシ。

 地元の施設が先月開いた文化祭に、全長約4メートルの軍艦を2隻出品した。

 「初めて見た人はたいていびっくりする」。そう言って見せてくれた軍艦2隻はともに高さが稲田さんの背丈近くもあり、言葉通りの迫力がある。レーダーや大砲など腕によりをかけた細部が目を引く。プラモデルの本を参考に1年かけて作ったという。

 元になっているのはチラシを直径数ミリの棒状に巻いたもの。これを並べて接着剤で段ボール紙に貼って板状にしたり、組み合わせてはしごや手すりに仕上げたりする。

 始まりは3年前。幼稚園児の孫のおもちゃになればとクレーン車やはしご車、飛行機などを作ったことだ。はしごが伸び縮みできるようにするなど、細部にも徹底的にこだわった。