ぺえ

写真拡大

13日放送の「名医のTHE太鼓判!」(TBS系)で、タレント・ぺえの、揚げ物が好きすぎる食生活が明らかになった。

番組では「美と健康を追及するオネエは本当に健康なのかSP」と題して、ゲストのオネエたちの健康状態を医師がチェックした。

その中で、原宿のカリスマ店員でタレントとしても活動しているぺえの日常に密着した。今回のゲスト出演者の中で最年少だという25歳のぺえの密着VTRでは、朝から自宅で出前のミックスフライ弁当を食べ、エナジードリンクを一気飲みしていた。その1時間後に収録で楽屋入りすると、今度はトンカツ弁当を平らげる。

VTR後のスタジオでは、ぺえが「食べ物は基本的に茶色いものしか魅力を感じない」と豪語。また、VTR内でもぺえは「とにかく揚げ物が好き」「ポテトチップスとか2度揚げして、それにさらにマヨネーズをいっぱいかけて食べるのが至福のとき」と好物を語った。

スタジオでは疑問の声があがり、和田アキ子も「見ているだけで気持ち悪い」「あんだけ食べてるんだから、病気になってももういいやないかい!」と呆れていた。

中学・高校とバレー少年だったぺえは大学時代に90kgまで激太りするも、失恋を機に約40kgのダイエットに成功したという。しかし、この1年で約64kgになり、10kg以上リバウンドしてしまったそう。

密着中のぺえは、楽屋での昼食後にも、ひとりでの焼肉、女子会への参加で飲食を繰り返し、一般成人男性の3倍近い約6000kcalを1日に摂取していた。

そんなぺえの健康状態について、医師は「脂質異常症」と「表層性胃炎」が見つかったと診断。ぺえが「どうやって改善すればいいんですか?」と尋ねると、医師からはまず胃炎や胃がんの原因となるピロリ菌の検査を勧められていた。

【関連記事】
KABA.ちゃんが1日に飲む水の量に驚き…医師からは水中毒の恐れがあると指摘
ナスDこと友寄隆英氏の帰国後の健康診断結果に驚き…カズレーザーは疑問も
マツコ・デラックス 休職者に不満をもつ会社員に助言「頭を切り替えないと」