精神的支柱としても頼りになる川島の“声”でチームを鼓舞したい。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

「監督からもハーフタイムに言われたが、ボールをもらうことを怖がってしまっていた」(長谷部誠)
 
 ブラジル戦は実力差がどうこうより、日本はどこか臆病で、チャレンジ精神に乏しい内容での完敗だった。
 
 ベルギーとの貴重なゲームで同じ轍を踏むわけにはいかない。
 
 ベルギー戦のポイントを聞かれた川島永嗣は「自分たちがどれだけチャレンジできるか」と応じた。
 
「いなされそうなところで、どれだけ自分たちが食いついていけるか。ひとりがかわされても、次にどれだけ出ていけるか。そういうアグレッシブな部分を出せれば、相手も落ちる時間帯があるので、そこを突いていければいい」
 
 ブラジルには手痛い敗戦を喫しただけに、川島は「結果を追い求めてやりたい」と勝利を誓う。たとえ勝てなかったとしても、チャレンジして、アグレッシブに全力でぶつかって見えてきたものが、収穫になるはず。
 
 チームがそんな戦いができるように、不動の守護神には最後尾からチームを奮い立たせる“ゲキ”を飛ばしてほしい。

取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【欧州遠征PHOTO】アザール、ルカク、デ・ブルイネ!仲が良すぎる?!ベルギー代表のリラックスした練習風景を要チェック!