フィフィ

写真拡大

14日、タレントのフィフィが自身のTwitterアカウントで、「希望の党」の代表を辞任した小池百合子東京都知事を厳しく批判する投稿をした。

同日小池氏は、希望の党の代表辞任を表明した。小池氏は、創業者として代表の座に就いたが「国政については皆さまに任せたい」「代表の座を降りて、しかるべき形でサポートしたい」という意向を示している。後任は玉木雄一郎共同代表が就任した。

フィフィは、希望の党がある程度の票を集めたことに触れたうえで「これからっていう時に、総理の座まで狙ってた小池さん、自分の夢叶いそうもないって分かった途端興味無くなっちゃって辞任するって、あまりに無責任だし有権者をバカにしてるよね」と、小池氏を厳しく批判。


さらに、「所詮、党のことを考えてたわけじゃない」「やっぱり自分ファーストなの」と、痛烈に皮肉っている。

【関連記事】
Twitterに連絡するより…自殺志願者にホラー作家・平山夢明氏が呼びかけ
フィフィ 座間市死体遺棄事件での被害者写真公開を批判「違和感」
フィフィ 野田聖子総務相のSNSへの要望を疑問視「注文つけてどうする?」