1アンダー・22位タイの宮里聖志(写真はHEIWA・PGM CHAMPIONSHIP )(撮影:村上航)

写真拡大

来季のツアー出場権をかけた戦い、男子クォリファイングトーナメント(QT)サードステージの第1ラウンドがJFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部で開幕した。

首位タイ発進を決めたのは7アンダーまで伸ばした井上信。2打差の5位タイには9月の「アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ」で2位に入ったプーム・サクサンシン(タイ)が続いている。その他、伊藤涼太、伊藤誠道が3アンダー・6位タイの好スタートを切った。
注目選手では宮里聖志が1アンダー・22位タイ。飛ばし屋・亀代順哉はイーブンパー・31位タイ。2011年の「フジサンケイクラシック」を優勝している諸藤将次は5オーバー・90位タイと出遅れた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

2017年日本男子ツアー・サードQT成績
塩見好輝、古田幸希らがファイナル進出 上平栄道はカウントバックに泣く【男子サードQT 最終日】
小平智、神様と最愛の妻に後押しされ自身初の年間2勝
宮里“フトシ”も登場!?チャリティオークションは大盛り上がり
よく分かる日本女子ツアー賞金ランキング