沈没船から引き揚げられたワインやシャンパンが、海底で長い年月を経て熟成されたというエピソードは枚挙にいとまがない。そうしたロマン溢れる逸話を再現すべく、南伊豆町中木沖の海底で熟成されたというのが『海底熟成ワイン SUBRINA』だ。

【詳細】他の写真はこちら



南アフリカ産とされるワインそのものからボトルの選定、シーリングの方法にいたるまで試行錯誤が重ねられたという、まさに「海底熟成のためのワイン」である本品。ボトルには海中での付着物がそのまま残り、海底に眠っていた年月の重みとストーリー性を感じさせてくれる。

今回の販売にあたっては数量がわずか500本に限定され、1本1本にシリアルナンバータグがかけられる希少性のあるアイテムとなった。深海を思わせる濃紺のギフトボックス入りで、贈答品としても最適だ。



肝心の味については飲んでみてのお楽しみだが、せっかくデキャンティングポアラーまで付属していることだし、ぜひとも購入者には深海熟成の味わいというものを体験してみていただきたい。もちろん飲み終わった後も、海底での年月を過ごしたボトルの出で立ちを長く目で楽しむことができるはず。

このギフトボックス入り『海底熟成ワイン SUBRINA』は税込1万500円で、オンラインのプロフェッショナル バーツール専門店 BAR TIMES STORE(バータイムズストア)にて販売中。年末年始のギフトとして好適な一本だが数に限りのある商品。くれぐれも買い逃しのないようにご注意されたい。

関連サイト



海底熟成ワイン SUBRINA(BAR TIMES STORE)

Facebookページ

プレスリリース(PR TIMES)

text渡辺 "d." 大輔(編集部)