去就が注目を集める大谷翔平【写真:Getty Images】

写真拡大

23歳でメジャー挑戦決断、米メディア、球団GMらが見た「OHTANI」の可能性

 日本ハム・大谷翔平投手は、ポスティングシステムを利用し、来季から米大リーグを目指すことを表明した。現行制度では大型契約は難しくても、「金」より「夢」を選び、23歳というタイミングで決断。日本プロ野球が生み出した“二刀流”の挑戦を、米国はどう見ているのか。

 11月11日午前11時に開かれたメジャー挑戦会見。正式な意思の表明により、米球界も一気に「OHTANI」報道が過熱し始めた。

 MLB公式サイトは会見を受けて特集を掲載。「野球界の歴史においてユニークかつ未曾有の実力を備えた存在」と日本からやってくる希代のタレントを紹介し、本人の会見コメントも掲載。昨年11月に合意された大リーグの新労使協定により、25歳未満の国外選手との契約に使える金額は抑えられるが、「金」より「夢」を選んだ青年の決断を、こう報じている。

「もしかすると、日本球界からの挑戦者で最も有望なスター選手であるかもしれないオオタニにとって、向上し続けたいという思いがモチベーションになっている。MLBは実力を磨く上で最良の場所であると考えているようだ」

 イチ野球選手として、飽くなき向上心を持った大谷の精神を分析している。一方、米スポーツ専門局「ESPN」は、今オフのFA市場について「日本球界屈指のスター・オオタニの登場で盛り上がりを見せている」と評し、“大谷狂騒曲”の行方をこう占っている。

「日本のルースが米国のルースになるのか」―注目の起用方針、レ軍GMは「二刀流可能」

「彼がどの球団と契約しようとも、世界で最も有望なプロスペクトの獲得へ向けて白熱することだろう。日本のベーブ・ルースがアメリカのベーブ・ルースになるのか、それともウェス・フェレルなのか、ブルックス・キーシュニックなのか、その行く末はまだわからない」

 投手としての最多本塁打記録を持つフェレル、21世紀唯一の二刀流選手のキーシュニックを引き合いに出しながら、大谷の二刀流の継続について注目。日本でも日本ハム1年目は不可能とみられ、批判も多かったが、MLB公式サイトによれば、メジャーのGMも二刀流は可能という見解を示している。

 レンジャーズのダニエルズGMは「肉体面でも精神面でもスキルが必要になる。健康であることや(疲労からの)回復も含めてね。だけど、そうだね、(二刀流は)可能であると思う…」と話したという。

 一方、マリナーズのディポトGMは「彼は信じられない才能の選手だ。他の29球団同様に、彼のスカウティングを行っている。ユニークなスキルが備わっており、それが故に大きな注目を集めているのだろう」とポテンシャルを分析している。

 当初は花巻東高から直接、メジャーを目指したが、5年遅れで実現した挑戦。いったい、どこの球団に行くのか。そして、その球団で二刀流は継続されるのか。米国でも大谷の上陸を固唾をのんで見守っている。