@AUTOCAR

写真拡大

もくじ

ー テスラのトレーラー 航続距離320〜480km
ー 積載能力は米最大規模 その他のモデルも検討
ー 動画 モデルS vs ケータハム・セブン620R

テスラのトレーラー 航続距離320〜480km

テスラは電力のみで320〜480kmの走行を可能にするというトレーラーを11月16日に発表する。

そもそもの発表は10月26日の予定であったが、テスラ・モデル3の生産が難航しているという発表のために延期された。

ちなみにモデル3の生産難航は、生産ラインのボトルネックによるものと言われている。さらにハリケーン・マリアの被害を受けたプエルトリコの支援も理由とされる。

第2クオーターにおける同社のプランでは、1500台のモデル3をデリバリーする予定だったが、実際は220台に留まる。

そんな最中に発表されるテスラのトレーラーは、どのようなものなのだろうか? 次の項で見ていこう。

積載能力は米最大規模 その他のモデルも検討

イーロン・マスクいわく、このトレーラーは、アメリカにおける最大規模の積載能力だという。ディーゼルには比べものにならないほどのトルクを発揮することが理由だ。

さらに「スポーツカーのように走らせることができる」とマスクは説明。彼がドライブした際には、敏捷性に驚いたことを語っている。

ディテールはまだまだ不明なところだらけだが、ティザー画像を観察するに、ヘッドライトはテスラのデザイン言語を踏襲していることがわかる。

エアロダイナミクスを考慮したボディ形状であることも予想できる。

テスラはほかにも、小型SUVである「モデルY」や、小さな版、ミニバス、ピックアップトラックを今後数年のあいだで発表していく考えである。

動画 モデルS vs ケータハム・セブン620R