PSG一強でしょ? クロース、リーグ・アンの競争力に疑問符

写真拡大

▽レアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロースがリーグ・アンのレベルに持論を展開した。イギリス『デイリー・メール』が報じている。

▽今シーズンのリーグ・アンは、開幕から12戦無敗を続けるパリ・サンジェルマン(PSG)が4ポイント差で2位のモナコを抑えて首位。昨シーズンこそモナコの優勝で幕を閉じたリーグ・アンだが、今シーズンはここまでFWネイマールやFWキリアン・ムバッペの加入で群を抜く戦力を手にしたPSGの強さが際立つ。

▽14日に行われる国際親善試合のフランス代表戦にドイツ代表メンバーとして臨むクロースは、前日会見でPSG統制の見方が強まるリーグ・アン全体の競争力に懐疑的な見解を示した。

「フランスのリーグは、全体的に悪くはない」

「でも、最終的にどのチームが勝つのか明白だ」

「PSGに行くか、そのリーグ自体に行かないしかないよね」

「ブンデスリーガは強力なリーグで良い場所だよ」

「ブンデスリーガならオススメできる」