11月後半の恋愛運第1位は蠍座! LUAが告げる12星座恋の運命

写真拡大

――占い師・LUAが告げる、11月16日〜30日の恋愛運。あなたの恋の運命は……?

【各星座の恋のお告げはこちら】

★11月16日〜30日の星の動き★
 蠍座に位置する愛と喜びの金星が、芸術とイマジネーションの海王星と角度を形成してはじまる11月の後半。金星はその後、母性の小惑星セレス、極限の冥王星、開拓の小惑星ジュノー、癒やしの小惑星キロンへと、順に角度を作り、愛と喜びに変化と流れをもたらすでしょう。恋愛で感じる限界とそれを乗り越える想像力で、自分の喜びに気づくときです。

■第1位 蠍座……恋愛スキルでよりステキな恋を実現!
 11月18日は、木星を蠍座に迎え入れてからはじめて向かえる蠍座の新月です。この日は就寝前に、これからの恋をイメージして、新しい自分になる決意をしましょう。これまでの恋愛スキルを試すために、大きな挑戦に挑んでみるのもオススメです。募集中なら、気になる相手を誘惑したり、カップルは、恋人との衝突を避けつつ、2人のタブーに踏み込んでみては? 恋愛スキルを実感できるはずです。

■第2位 蟹座……天真爛漫な振る舞いで男女問わず人気者に!
 解放的な気分になっているみたい。クヨクヨしたり、大人ぶってすましているよりも、ぶっちゃけてしまいたい気持ちが強まりそう。オープンなマインドが吉と出る時期なので、思いのままに振る舞ってみるのもいいでしょう。11月21日以降は外出の予定も詰まり、モテモテに過ごせるはず。同性からモテることも、異性からモテることにつながる大切なポイントです。性別を超えた人気を目指して!

■第3位 牡牛座……人とのつながりの中でうれしい評判が生まれる
 11月前半までのテーマ「人見知りの自分とうまく付き合うこと」が、功を奏したのかもしれません! 後半のあなたは、いい雰囲気で人に馴染みながら自然に好感度を高め、人とのつながりを広げていくでしょう。恋の出会いに限らず、多くの出会いやお付き合いに恵まれて、うれしい評判が立つかもしれません! 直接的には恋愛に関係がなく思えても、その評判が未来の恋をもたらす鍵になるはずです。

■第4位 魚座……前向きな姿勢が恋をかなえる力に!
 チャレンジ精神が高まっているみたい。いつもなら「無理……」とあきらめていることにも、前向きに取り組める時期です。キャリアアップを目指すのもオススメですが、同時に、恋の可能性に賭けた試みにも注目してみましょう。出会いを求めてはじめての場所に出向いてみたり、初挑戦のことに挑んでみるのもありです。単独行動は11月18日まで、仲間や友達と一緒の行動は21日以降が効果的!

■第5位 牡羊座……弱さは相手の活躍を勇気づける
 はっきりした意思表示で動くあなたですが、この時期はちょっと趣を変えて、謎めいた人を気取ってみては? 優柔な自分を許せないかもしれませんが、少しだけ我慢をしてみると、「大丈夫?」と優しい声をかけられたり、思いのほか、周囲のみんなに頼り甲斐があったことに気づくでしょう。たまには弱音を吐いたり、誰かに頼ってみてもいいはず! あなたを守りたいナイトにも気づけるでしょう。

■第6位 乙女座……軽やかな心が恋愛にプラスの作用をもたらす
 心が軽くなりそうな11月の後半です。心配していたことが解決したり、問題がなかったことがはっきりするのかもしれません。気持ちにもゆとりができて、その分、恋愛も心おきなく楽しめるようになるでしょう。現状の恋のステータスに関係なく、不安を手放した状態で恋に向き合うことは、恋愛事情にもプラスに働くはずです。仲のいい友人や旧友が、恋のきっかけを運んでくれるでしょう。

■第7位 山羊座……ユニセックスな魅力で硬派な相手を呼び寄せて
 男性フェロモン全開だったり、女を利用する人に嫌悪感を抱きそう。男と女の関係であっても、下半身だけで結ばれるわけではなく、人としての信頼も築いた上で結ばれたいという気持ちが強まっているのかも。そんなあなたに一票を投じたいという人も存在します。性差を武器にしない硬派なあなたでいることで、同じ感性の持ち主を引き寄せるはず。自分のスタンスをキープして!
■第8位 射手座……アートの世界に触れて英気を養って
 「早いな。今月ももう後半なんだね……」と、なんとなく迎えてしまった11月の後半というニュアンスが伝わってきます。恋愛はもちろん、そのほかのことも相変わらずといった状況なのかも。こんなときは、思い切って現実から離れてみるのもありです。美術館や個展巡りをしたり、映画や音楽を鑑賞するのもいいでしょう。1人の時間を過ごすことで、精神的な英気がみなぎってくるはずです。

■第9位 双子座……気持ちのクールダウンで自分を取り戻して
 細かいことが気になって、なかなか前に進めないのかも。条件は揃っているはずなのに、最後の決心がつかず、立ち往生してしまうイメージです。そんな状況が恋にも影響し、二の次に回そうとしたり、カップルは、相手への辛辣な文句が増えて、関係を脅かしてしまう可能性も! 無理をしてもマイナス面が強まるだけなので力を抜きましょう! クールダウンすることで、客観性を取り戻せるはず。

■第10位 水瓶座……優先順位からの消去法で恋愛を消去!?
 恋をしている暇があったら、さっさとこれを終わらせてしまいたい。恋に時間制限はないし、後回しにできるものを保留にするのが当然だよね……という、心の声が聞こえてくるようです。年末が近づいての心せわしさに、実際の多忙スケジュールが影響しているのでしょう。とはいえ、恋も仕事などと同じようにタイミングがあります。成就までの期限はなくても、旬は大切にしたいものです。

■第11位 獅子座……生活感丸出しで恋愛を放棄!?
 恋愛熱が冷めてしまったのかも。ドラマチックな心の興奮に飽きて、ズボラモードに入ってしまったかのようです。自宅で過ごすときも、休日のハリウッド女優スタイルなんてどうでもいいやと、テレビの前で横になり、お菓子をつまむ姿が浮かんできます。1人でこっそりなら問題なくても、恋人が一緒だと幻滅されてしまう可能性も。また、女子同士の集まりでも気は抜きすぎないように!

■第12位 天秤座……お馴染みパターンが恋の現状維持を定着させる!
 お馴染みパターンがすっかり定着しているようです。「新しく変えるなんて面倒だし、今が快適!」と思っていたら要注意。おひとりさまにとってはとくに危険でしょう。1人がラクで充実していると感じてしまうと、そこに割り込もうとする異性を無意識的にはじいてしまうからです。片思いも、かなわぬ恋を続けることが当り前になってしまっては、発展の可能性を断ってしまうかもしれません!
(LUA)※画像出典/i無料占い