“異業種の力”がJクラブのビジネスを伸ばす…ホームタウン鳥取を発展させていく使命感

写真拡大

 サッカーを様々な角度から楽しみたい――。そんな皆さんにうってつけの連載が、この『あなたのJリーグライフがもっと充実! 5分でわかるサッカービジネス講座』です。サッカービジネスやクラブ経営に関してなかなか取り上げられない情報をお届けしていきます。

 Jクラブのスタッフとして活躍するためには、どういった資質が必要なのでしょうか。ガイナーレ鳥取を経営する株式会社SC鳥取で、社長室事業戦略特命部長を務める高島祐亮(たかしま・ゆうすけ)さんが、Jクラブでは今、どんな人材が求められているのかを教えてくれました。「Jリーグのクラブで働きたい」と思っているあなたにとっては必読の内容です。

構成=菅野浩二
協力=一般財団法人スポーツヒューマンキャピタル

◆Jクラブに求められるのは“4本目の柱”をつくり出せる人材

 Jクラブは「広告料収入」「入場料収入」「物販収入」の“3本柱”を経営の大きな軸としています。「スポンサー」や「パートナー」と呼ばれる企業や法人から支払われる「広告料」、チケット代の利益、そしてレプリカユニフォームやタオルマフラーなどの売上をクラブビジネスの財源としている構造です。

 Jリーグが開幕して25年。“3本柱”を伸ばすノウハウは一定の蓄積があると思います。J1からJ3に至るまで、どのクラブもスポンサー営業や集客、商品開発や販売に力を入れ、クラブビジネスをさらに充実させようと日々の業務に取り組んでいます。“3本柱”の成長に関しては、インターネットやこれからの新技術を従来の収益に対して掛け算できる人材が必要になってくると思います。

 長くIT企業に勤め、マーケティングや事業開発にも大きくかかわってきた私が感じているのは、今後のJクラブに求められるのは、前述の流れに加え、“4本目の柱”をそのクラブとホームタウンの強みや資産を生かしてつくり出せる人材ではないかということです。つまり、「広告料収入」「入場料収入」「物販収入」ではなく、全く新しい経営基盤を生み出せる人間こそが、Jクラブをさらに発展させることができるはずです。

 私が今勤めている株式会社SC鳥取も、“4本目の柱”の確立に着手しました。私たちのチュウブYAJINスタジアムのスポンサーである株式会社チュウブさんは芝生の生産販売を手がける会社であり、「Shibafull(しばふる)」というプロジェクト名のもと、プロジェクトパートナーともに芝生の販売を新規事業として新たな財源を確保しようとしています。県内の小中高の校庭や公共施設、観光地などの“耕作放置地”を有効活用し、芝生化することで地域貢献も果たせると考えています。

◆視野が広く、様々な業務に対応できる人材が活躍できる
 新規事業を生み出し、そのアイデアを軌道に乗せるのは決して簡単ではありません。ビジネスパーソンであれば容易に想像がつくと思います。新たな事業を開拓するには、相応のビジネス経験やマーケティングの知識に加え、独創的な発想力や豊富な人脈なども必要となります。

 個人的な見解ですが、Jクラブで“4本目の柱”を形づくれるのはスペシャリストよりもゼネラリストではないかと思っています。つまり、視野が広く幅広い知識を持ち、様々な業務に対応できる人材です。スポンサー営業や集客、商品開発や販売はもちろん、広報活動や公式ホームページの訪問者数、あるいは予算や財務など、クラブ経営にかかわるすべてを見渡し、あらゆる要素を結びつけてビジネス化しようとする働きが新たな可能性をつくり出すからです。ITビジネス用語では「利益を生み出すこと」を“マネタイズ”と呼びますが、今のJクラブが必要としているのはまさに“マネタイズ”ができる人材ではないでしょうか。