国内最多200品種の胡蝶蘭を飾る「大胡蝶蘭展」長崎・ハウステンボスで - ”蘭のトンネル”も

写真拡大

「大胡蝶蘭展」を長崎・ハウステンボスで開催。会期は、2017年12月2日(土)から2018年2月19日(月)まで。

「大胡蝶蘭展」では、国内最多200品種の胡蝶蘭が宮殿・ パレス ハウステンボスを埋め尽くす。蝶が舞うように優雅で美しい見た目から、”幸せが飛んでくる”という花言葉を持つ胡蝶蘭。淡い紫や真紅、黄色など色とりどりの蘭が宮殿のあたりを飾り、神秘的な世界に包み込まれる。

中でも見どころは、今回初登場の「蘭のトンネル」。その名の通り、鮮やかな蘭を一面にたっぷりと敷き詰めてつくられたアーチ型のトンネルは、まるで現実とは思えないほど美しい。フォトスポットとしてもとっておきだ。

また、生花のように蘭が飾りつけられたガラスに、黄金に輝く金魚が泳ぐ、フラワーアートも展示。さらに、空中に約1500本の蘭が浮ぶ部屋や、巨大な壁画と蘭が共演する展示なども楽しめる。

【詳細】
大胡蝶蘭展
会期:2017年12月2日(土)〜2018年2月19日(月)
会場:長崎・ハウステンボス「パレス ハウステンボス」
住所:長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1
時間:9:00〜21:30 ※日によって異なる
料金:500円(パスポート類提示) 700円(散歩チケット提示)

【問い合わせ先】
ハウステンボス総合案内(ナビダイヤル)
TEL:0570-064-110


[写真付きで読む]国内最多200品種の胡蝶蘭を飾る「大胡蝶蘭展」長崎・ハウステンボスで - ”蘭のトンネル”も

外部サイト

  • 大阪の世界最大級水族館「海遊館」巨大ジンベエザメが登場するイルミネーション開催
  • ハウステンボスで世界最大級イルミネーション「光の王国」白雪姫のプロジェクションマッピングも
  • 「仙台うみの杜水族館」、360度プロジェクションマッピング×魚25,000匹のクリスマスショー