ブラジルに続き、ベルギーも間違いなく強敵だが、「ボールの取り方が良ければ、早い攻撃は出せる」と原口は自信をのぞかせる。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 目下の課題は、やはり守備だ。そこが機能しなければ、攻撃にもつながらない。「ハーフタイムまで解決策が見つからなかった」というブラジル戦の前半は3失点を喫したが、ベルギー戦に向け、守備の修正について原口元気は次のように語る。
 
「かなり長い時間、ディスカッションしましたし、僕らも『こうしたい』と伝えたりして。それで今日(前日練習)、最終確認をして、なかなか良い手応えがあったので、それを表現したい。ボールの取り方が良ければ、必然的に僕らの速い攻撃は出せるはずなので」
 
 もちろん、「本番でどうハメられるかは分からないし、どれだけ上手くハメても相手はそれを剥がす能力がある」との不安はある。「100パーセント、抑え込むのは難しいと思う」。それでも、ここまで準備してきたものに原口は確かな自信がある。
 
「(失点は)ゼロで行きながら、カウンターで狙う形が理想」
 
 粘り強く守りながら、攻めに転じれば力強く前に飛び出していく。攻守両面で鍵を握るアタッカーの出来が、ベルギー戦の勝敗を左右しそうだ。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【欧州遠征PHOTO】アザール、ルカク、デ・ブルイネ!仲が良すぎる?!ベルギー代表のリラックスした練習風景を要チェック!