ハードロックの新統合型リゾート「ハードロック・エクスペリエンス」“音楽をDNAに”がキーワード

写真拡大

ハードロック・ジャパンは、エンターテインメントを融合した新しい統合型リゾート「ハードロック・エクスペリエンス」の開発を2017年11月に発表。

世界74カ国にて200以上の施設を展開するハードロック・インターナショナル。世界各地に24軒のホテル、11軒のカジノ施設を含む212のエンターテイメント施設を展開しており、現在日本には6軒のカフェが設置されている。

2017年11月、日本法人であるハードロック・ジャパンは、新しい統合型リゾート「ハードロック・エクスペリエンス」の開発を発表。“音楽をDNAに”をキーワードに、子どもからシニアまで幅広い世代が楽しめる統合型リゾートを目指していく。詳細については公開されていないが、日本の文化の伝統的要素と現代的要素を尊重しつつも、ハードロックがこれまで培った経験を活かし、音楽ライブイベントからスポーツイベントまで、幅広いエンターテインメント体験を提供する予定だという。

また同時期、新構想に使用されている「エクスペリエンス」というワードを組み込んだ新しいロゴも発表されている。


[写真付きで読む]ハードロックの新統合型リゾート「ハードロック・エクスペリエンス」“音楽をDNAに”がキーワード

外部サイト

  • 大阪・枚方に「TSUTAYA BOOK GARAGE」誕生、30万冊の書籍販売&CD/DVDレンタル
  • 大型複合施設「ザ ストリングス 表参道」レストランや結婚式場、フロア貸切で約600名収容可能な宴会場
  • 福岡の新商業施設「六本松421」蔦屋書店が九州初上陸 - スタバやスムージー専門店も