中尾彬

写真拡大

14日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、俳優の中尾彬が、タクシー内で暴れた30代の男性弁護士に厳罰を要求していた。

番組では、北海道札幌市で起きたタクシー内のトラブルを話題に取り上げた。

乗客だった男性弁護士は、行き先をめぐって行き違いが生じ運転手に向かって罵声を浴びせた挙げ句、車内に据え付けられた防犯ボードを損壊。運賃を払わずに去っていったとのことだ。

スタジオでは、出演者たちがコメントを寄せていた。弁護士資格を持つ若狭勝元衆院議員が、弁護士が問題を起こした場合、所属する協会から処分を下されることもあると明かしている。続けて、今回は弁護士業務そのものに関わる不正ではないので、数カ月の業務停止になるのではないかと解説した。

しかし、これを聞いていた中尾は「(処分が)軽すぎるよ」と不満を漏らす。中尾は「市中引き回しとかさ」「百叩きとかさ」と断罪を列挙し、社会的責任が重い弁護士が犯した問題なのだから厳罰が必要だと主張していた。

【関連記事】
中尾彬が小島瑠璃子に痛烈発言「俺は嫌いだな」「嫌いって変な言い方だけど」
中尾彬 トレードマークの“ネジネジ”ストールに本音「本当は卒業したい」
中尾彬がくりぃむしちゅー・有田哲平に役者の心得を指南「揉めた方がいい」