スウェーデンの私立語学学校のイー・エフ・エデュケーション・ファーストは8日、「2017年世界英語能力指数(英語を第2言語とする各国の英語力レベル)ランキング」を発表した。写真は英語の本。

写真拡大

スウェーデンの私立語学学校のイー・エフ・エデュケーション・ファースト(EF) は8日、「2017年世界英語能力指数(英語を第2言語とする各国の英語力レベル)ランキング」を発表した。これによると、調査対象となった80カ国・地域のうち、オランダ人の英語能力がトップで、中国人の英語能力は確実に上昇しており、指数発表が始まった2011年来の最高レベルに達した。中国放送網が伝えた。

2017年度版報告は、英語を第2言語とする世界80カ国・地域に住む100万人以上がテストに参加し、その結果を取りまとめたもの。今年はアフリカ諸国の住民の英語状況について初めて掘り下げた分析が行われた。エリア別にみると、欧州は引き続き高い優位性を保ちトップに立った。アジアがわずかの差でその後に続いた。ラテンアメリカの英語レベルも毎年アジアに迫る勢いで伸びている。中東諸国の英語レベルは最も低かった。国家別では、得点71.45ポイントでオランダが首位、2位はスイス(70.40ポイント)、3位はデンマーク(69.93ポイント)だった。今年、中国の全体的な英語能力レベルは52.45ポイント、ランキングは2016年より3ランク上昇の36位となり、指数発表が始まった2011年来の最高レベルに達したが、全体ランキングの中ではまだ低レベルにとどまっている。

このほか、国内ランキングでは、上海が中国のトップに立ち、英語能力が前年に比べ上昇した省・直轄市は8割を上回った。福建省は初めて「英語能力中等レベル省・市」の仲間入りを果たした。

EF中国区総経理兼首席代表を務める林欣欣氏は、「グローバル化すう勢のもと、意思疎通・交流にとって、お互いに通じ合う言語は不可欠だ。各国政府、企業、家庭いずれもが多くの時間と金銭を英語トレーニングに投入している。英語能力が高い都市・地域は、グローバル資源をより簡単に調達し、自身の競争力を高めることができる。ますます多くのメディア記者、教員、公務員、ビジネス界のトップが、EFが公表している英語能力レベルを権威ある根拠資料として参考にしており、EFによるこの持続的な研究は、一つの国家の英語能力レベルをいかに高めるかを検討するための資源と参考例を提供している」とコメントした。(提供/人民網日本語版・編集/KM)