武井壮

写真拡大

13日から14日にかけて、武井壮が自身のTwitter上で、不倫疑惑がある当事者に対して「一線を越えましたか?」といった質問をすることに怒りをあらわにした。

ことの発端は、13日放送のワイドショー番組「バラいろダンディ」(TOKYO MX)でのやり取りにある。

番組では、山尾志桜里衆議院議員が不倫疑惑の相手である倉持麟太郎弁護士を事務所の政策顧問に起用する方針を固めた一件を取り上げた。意見を求められた武井は、「想像の範囲を超えない段階で『クロだ、クロだ』って言って騒ぐのは一番ゲスいと思ってて」とコメント。今回の報道に関して、何が起きたのか誰も分からない状態で不倫だと断定している、と指摘した。

番組終了後、武井は自身の発言を取り上げたネット記事を引用しつつ、「山尾さん擁護ではなく、(山尾氏が)否定してるものを確信なく想像で不倫と断定するのは乱暴すぎ」「シロの可能性と家族の理解があるなら叩くべきじゃないと思う」と、自身の考えを示した。





武井は続けて、こうした不倫報道が出るたびに疑惑の当事者に「一線を越えましたか?」という質問が飛ぶことに対し、「大嫌いです」と怒りをあらわにする。そして、「大衆に向けて誰かと肉体関係を持ったか公言しろと迫るんですよ? 異常だと思いませんか?」「セクハラ以上の異常な干渉だし、もしシロの場合、誰がどうその人の名誉を回復できますか?」と問いかけた。


【関連記事】
武井壮の徹底した“女性対策”に倉田真由美氏らが悲鳴「気持ち悪い」
武井壮が福井・中2自殺の問題で担任教師の心理を推測「鬱積した気持ちを晴らしてる」
武井壮 斉藤由貴のプライベート写真掲載を批判「リベンジポルノみたいなもの」