NGT48、本間日陽センター曲「ナニカガイル」MV公開 メンバー全員出演の自己紹介型ムービーに

写真拡大

 NGT48が、12月6日にリリースする2ndシングル『世界はどこまで青空なのか?』より、Type-C盤に収録される新曲「ナニカガイル」のMVを公開した。

関連:MVはこちら

 同楽曲は、NGT48のTeam N16名と研究生9名(2017年10月時点)のメンバー計25名全員が参加した通称「全員曲」と呼ばれるもので、今年のAKB48選抜総選挙にて13位にランクインした本間日陽がセンターを務める。また、10月をもって同グループを卒業をした、研究生・大滝友梨亜にとって、最後の参加曲でもある。

 MVは、いきものがかりや木村カエラのMVを制作した上田大樹が監督を務めており、メンバー1人1人が直筆で名前とニックネームを紹介、さらに歌詞にちなんだ質問に答える自己紹介型ムービーとなっている。

 センターであることを撮影当日に告げられたという本間は、「てっきりセンターのメンバーには前の晩には連絡がいっているかと思っていたので、正直、びっくりしました。でも、全員曲でこのポジションをいただけた、というのは、本当にいつも支えてくれているファンの皆様のおかげだなぁ、と嬉しかったです」と喜びを語っている。(リアルサウンド編集部)