『Loo-uis Vuitton Toilet』は、ショッキングな作風で知られる芸術家イルマ・ゴア氏による作品。作品名の綴りはタイプミスではないが、これが「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」をテーマにしたトイレを意味していることは、誰の目にも明らかだろう。同氏はこの作品を制作するために24種類、総額1万5000ドルものヴィトンのバッグを分解したといい、そのなかには3000ドルのスーツケースも含まれているという。

【詳細】他の写真はこちら

これって日本円にすると全部で170万円以上、スーツケースだけでも34万円ほどになるわけで「芸術というのはつくづくカネがかかるモノなのだなあ……」と、改めて考えさせられる。



金額に驚くのはまだ早い。この作品はブランド中古品のオンライン通販サイト「Tradesy(トレードシー)」にて、なんと10万ドル(1135万円ほど)で販売されているというのだ。しかもページによるとこれはファイナルセール価格であるとのこと。もう数字を見ているだけで金銭感覚が麻痺してくるレベルだ。

アート作品でありながら、通常の水洗便器としてパーフェクトに機能するという『Loo-uis Vuitton Toilet by Tradesy x ILLMA GORE』。非現実的なまでの高額商品ではあるが、「誰もが羨望の眼差しを向けるルイ・ヴィトンのモノグラムに腰掛けて用を足す」ことに、それだけの価値を見出す人は世界のどこかにいるのかもしれない。

ちなみに一度購入してしまうと、使用の有無に関わらず返品は不可となっている。まあ、当然といえば当然か。

関連サイト



Loo-uis Vuitton Toilet by Tradesy x ILLMA GORE(Tradesy)

text渡辺 "d." 大輔(編集部)