キム・オクビンが花嫁姿で長距離射撃 『悪女/AKUJO』アクションシーン満載の予告編

写真拡大

 『乾き』のキム・オクビンが主演を務める韓国映画『悪女/AKUJO』より、予告編が公開された。

動画はこちら

 本作は、第70回カンヌ国際映画祭ミッドナイト・スクリーニング部門で上映されたアクション映画。犯罪組織の女殺し屋として育て上げられた主人公・スクヒの葛藤を描く。主人公スクヒ役で主演を務めるキム・オクビンのほか、シン・ハギュン、ソンジュン、キム・ソヒョンらが共演に名を連ねる。『殺人の告白』のチョン・ビョンギルが監督を務めた。

 撮影の約9割がアクションシーンにあてられた本作は、テコンドーとハプキドーの黒帯を持つオクビンがそのほとんどのシーンを演じ、「段取りをいちばん飲み込んでいるのは自分だから」と、覆面を被っていて顔が映らない場面でも進んで取り組んだという。

 公開された予告編は、スクヒのFPS主観映像から始まる。50人以上はいる敵のアジトに単身乗り込みノンストップ・アクションを繰り広げる映画のオープニングシーンとなっており、厨房での機関銃や拳銃が入り乱れての銃撃戦、ウェディングドレスでの長距離射撃、トンネルを激走しながら日本刀で斬り合うバイクチェイス、爆走する車のボンネットからバスへ飛び乗る姿などが映し出されている。

 なお、チョン・ビョンギル監督は12月に来日することも決定しており、監督が登壇してのプレミア上映も開催される。(リアルサウンド編集部)