12日、観察者網によると、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が来月訪中する見通しだ。写真は韓国大統領府。

写真拡大

2017年11月12日、観察者網によると、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が来月訪中する見通しだ。しかし、中国メディアがまったく報道しないことに韓国メディアが注目している。

韓国MBCテレビによると、文氏と中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は11日、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が開かれたベトナム・ダナンで会談した。会談では高高度防衛ミサイル(THAAD)問題などで双方の立場を確認したほか、あらゆる分野での交流を正常な軌道に戻すことで合意。文氏が来月にも中国を訪問することで一致した。

しかし、中国メディアは今回の中韓首脳会談をめぐる報道で、文氏の訪中についてはまったく触れなかった。韓国・中央日報は、中国側が慎重な態度を保っていることに触れ、中国は「中韓関係の緩やかな回復を望んでいる」と分析した。韓民族日報も12日、韓国側が「緩やかな中韓関係の回復」を実現する雰囲気を保っていると指摘した。(翻訳・編集/大宮)