「1日数量限定・地域限定」(写真:スシローグローバルホールディングスの発表資料より)

写真拡大

■スシローがCSN地方創生ネットワーク「羽田市場」と資本業務提携

 スシローを運営するスシローグローバルホールディングスは13日、CSN地方創生ネットワークと資本業務提携したことを発表。CSNが運営する「羽田市場」と各地の漁業従事者のネットワークを通じて、地元の“旬の国産天然魚”などをスシロー全店舗で、15日より1日数量・地位限定にて販売する。1皿100円〜280円(価格はいずれも税別)。

■1日数量限定ネタ4商品

・北海道産生甘えび 1皿180円(価格はいずれも税別) 北海道で水揚げされた生の甘えびを、一つ一つ丁寧に殻をむき、仕込んだ。ねっとり強い甘みで絶品だ。

・和歌山県・沖縄県産の生まぐろ 1皿180円 冷凍を全くしていない“生”の天然まぐろで、生ならではのもっちもち感を提供。

・活さざえ 1皿280円 鮮度抜群の活きたさざえを店頭で捌(さば)き、丸ごと寿司にした。コリコリとした食感で、旨みと磯の香りが楽しめる。

・長崎県産剣先いか 1皿180円 長崎産・高級ネタの剣先いかで、肉厚がもっちりとした食感を出し、強い甘みを提供。

■地域限定ネタ6商品

 他にも、地域限定ネタとして、長崎産「かすまの炙り(1皿180円)」、北海道産「黒むつの炙り(1皿280円)」、北海道産「つぶ貝(1皿280円)」などを販売する。

 スシローは、各地でとれる旬の天然ものを選び抜き、羽田市場を通じて地元から配送することで、新鮮なネタを確保する方針だ。

■「世界の海からいいネタ100プロジェクト」も販売

 スシローは、日本の海にこだわらず、世界の海から取り寄せた“うまいすし”を、毎月100円で販売してきた。15日からは期間限定で、ケープタウン沖産の「特上赤身」、アラスカ産の「塩いくら包み」を販売する。

■「アップルパイ」を期間限定で販売

 また、同社は15日より、りんご本来の甘さや酸味を徹底的に活かした食感の、季節にふさわしいグランニースミス監修「アップルパイ(280円)」を期間限定で販売する。「スシローカフェ部」を発足させるくど、スイーツ分野にも力を入れており、今後も強化したい考えだ。

 この「スシローアップルパイ」と一緒に写真や動画を撮り、「#スシローアップルパイ」をつけてTwitterかInstagramに投稿すると、抽選で2000円分の食事券が100名にプレゼントする「すしフォト」キャンペーンも12月20日まで実施する。