米メリーランド大学の研究者が行った研究によると、近年の排出削減策の効果により、中国の二酸化硫黄排出量の減少率が予想を大きく上回っている。

写真拡大

米メリーランド大学の研究者が行った研究によると、近年の排出削減策の効果により、中国の二酸化硫黄排出量の減少率が予想を大きく上回っている。同じく石炭消費大国であるインドではむしろ大幅に増加している。インドはすでに世界最大の二酸化硫黄排出国になった可能性がある。関連研究成果はこのほど、「Scientific Reports」に掲載された。科技日報が伝えた。

研究によると、中国は近年、大気汚染防止を重視している。排出削減目標を設定し、排出上限値を引き下げるといった一連の政策を実施し、成果が表れ始めている。中国の石炭使用量は2007年以降に約50%急増したが、二酸化硫黄排出量は75%減少し、減少率が予想を大きく上回った。一方でインドは石炭消費を拡大すると同時に、中国のように効果的な排出削減に取り組んでおらず、この10年間で二酸化硫黄排出量が50%増加した。ただしインドの二酸化硫黄排出源は人口密度が最も高い地域になく、また深刻な煙霧や健康問題などを引き起こしていないが、電力需要の成長に伴い、二酸化硫黄排出による影響がさらに悪化する可能性があるという。(提供/人民網日本語版・編集YF)