青組にはアザール、ヴィツェルなど主力クラスが顔を揃えた一方、注目のルカクはオレンジ組に。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 11月13日、日本戦の会場となるヤン・ブレイデルスタディオンでベルギー代表が公式会見の後、トレーニングを実施。冒頭15分だけが公開された。
 
 フィールドプレーヤーは2色のビブスで組分け。ちょうど11人ずつの計算で、青組にはアザール、ヴィツェル、ヴェルトンゲン、ヴェルメーレンなど、オレンジ組にはT・アザール、ティーレマン、ダフールらが振り分けられた。
 
 顔ぶれを見ると、青組のほうに主力クラスが揃っているが、これが日本戦のスタメンを示唆するものなのか。それとも単なるグループ分けか。
 
 ちなみに、注目のルカクはオレンジ組に。青組がスタメンなら、不動のエースはベンチスタートとなる。願わくはベストメンバーで臨んでほしいところだが……。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
  
【欧州遠征PHOTO】アザール、ルカク、デ・ブルイネ!仲が良すぎる?!ベルギー代表のリラックスした練習風景を要チェック!