原口元気【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は現地時間13日、ベルギー・ブルージュにおいて翌日のベルギー代表戦に向けた前日練習を行った。

 ベルギーは3バックで来ることも予想される中、原口元気は「あまり3バックの相手とやったことがないから、どこのタイミングではめに行くのかとか、そこらへんは考えながら準備はしてきたつもりだし、明日しっかりそれを表現できれば」と意気込みを口にした。

 チーム内での意識の共有にも時間を割いたようだ。

「かなり長い時間ディスカッションした。監督を含め、どうしたらいいとか、僕ら的にはこうしたいとか、こうした方がいいとか、そういうディスカッションをした。今日最終確認をして、なかなかいい手ごたえがあったので、それを明日表現する。ボールの取り方が良ければ必然的に僕らの速い攻撃っていうのはうまく表現できるなと」

 守備面でどれだけ収穫を得られるかが重要になる中、仮にリードを許す状況になった時は「臨機応変に解決策を中で話し合っていく」と言う。

「ブラジル戦はハーフタイムまで解決策を見つけられなかったし、それはなるべく早く、できれば前半のうちに解決できるようになったら、僕らはもう1個上に行けるかなと」

 チームがさらに進化していくためにも、ベルギー戦を無駄にはできない。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部