森岡亮太【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は現地時間13日、ベルギー・ブルージュにおいて翌日のベルギー代表戦に向けた前日練習を行った。

 ベルギー1部リーグのベフェレンで印象的な活躍を見せている森岡亮太は、ベルギー代表について「ブラジルと一緒で世界の優勝候補の一つのチームだと思う」とし、「その中で自分がどれだけできるかっていうスタンス」で臨む意思を明かしている。さらに「ベルギー国内で日本がベルギーに勝てば、チームに帰った時にデカい顔できるんで、そこは勝ちたいですね」と笑った。

 ブラジル戦は途中出場だったが、守備面で「試合に入る時の監督に言われたことと、実際中の状況が違ったんで、ちょっと戸惑った」という。

「監督にはボランチをしっかりケアするように言われて入ったんですけど、中ではガンガン前に行くぞってなっていて。でもそこはチームメートとも話しましたし、頭の中で整理できている」

 ベルギーを相手に自身の持ち味を発揮できればヴァイッド・ハリルホジッチ監督へのいいアピールとなるはずだが、森岡はこう考えている。

「もちろんW杯に自分が行くためにここでアピールってのも大事ですけど、個人的にプレーする中でアピール、アピールって考えるよりかは、どれだけチームにチャンスを作れるかっていうところだと思う。それがいい形でアピールになればっていうイメージですね」

 世界トップクラスに対して、森岡はどんなパフォーマンスを見せるだろうか。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部