英国の駅で一般的に使われている、透明ビニール袋を下げるだけのゴミ入れ。これなら中身が丸見え(筆者撮影)

トランプ米大統領の訪日に際し、都内の多くの駅でゴミ箱が撤去されたり、ふたがされたりした。ただでさえ、市中にあるゴミ箱が少ないというのに、今回のように外国の要人が来るとそのゴミ箱も使えなくなる。10月31日のハロウィーンに合わせて、不特定多数の群衆が集まった渋谷駅界隈では、その翌朝、街路のあちこちがゴミでいっぱいに。“ハロウィーン祭り”に参加した人々はゴミを捨てたくても、捨てる場所がない。「ゴミ捨て難民」があふれる事態にもなった。

はたして、日本の公共交通機関に置かれているゴミ箱の設置状況は適切なのだろうか? 欧州での実例を見ながら、検討してみることにした。

欧州の通勤電車、ゴミ箱付きが当たり前

英国だけでなく、ドイツやオランダなど欧州先進国を走る通勤電車の車内には、しっかりゴミ箱が取り付けられている。どこの国もテロへの恐怖にさいなまれているにもかかわらず、である。


デンマークの列車では、屑物入れ用のビニール袋を自由に使える(筆者撮影)

乗客の目に付きやすいドアサイドや座席の背と背の間などに設置、しかも大きなモノが入れにくいよう、バネの跳ね返りが強い金属製のふたが取り付けられている。爆発物などをゴミ箱に押し込むにはかなり面倒そうだ。


座席のテーブルにゴミ袋が設置されていることも(筆者撮影)

乗客が出すゴミの回収で、「最もこまやかな取り組み」として筆者が挙げたいのは、デンマークの例だ。同国の列車に乗ると、シートごとに鉄道会社ロゴ入りビニール袋が設置してあるのが目に付く。乗客はそこへゴミを入れたまま降車してもいいし、袋にゴミを入れてホームにあるゴミ箱に捨てる人もいる。この袋はスーパーのレジ袋と比べ圧倒的に頑丈で大きさがぴったりA4サイズと、ゴミ袋に使うにはもったいないほどの作りだ。

ちなみにこの車内用のゴミ袋、コペンハーゲン空港と都心などを結ぶコペンハーゲンメトロの車内にも常備されている。ドアサイドに吊るしてあるので、車内で食べたバナナの皮などを捨てるのにちょうどいい。

首都圏をはじめとする駅ホームなどには、中身が見える透明のゴミ箱の設置が進んでいる。あやしいモノをゴミ箱に仕掛けられないように、といったテロ対策の意味合いが大きいのだろう。1995年に起きた地下鉄サリン事件のあと、駅構内のゴミ箱をいったん撤去したが、2004年にJR東日本、2005年に東京メトロが透明パネル部分に塩化ビニールを使ったゴミ箱を相次いで設置した。業界団体・塩化ビニル環境対策協議会はこの「透明ゴミ箱」が設置された際、「何が捨てられているか、外からひと目で見えるため、不審物チェックやテロ対策など、警備面で大きな効果が期待される」とその効果を説明している。「透明ゴミ箱」は、ゴミの投入口をより小さくしてあり大きなゴミは入れられないようにしてあるほか、施錠して中身を取り出せないようになっているのは周知のとおりだ。

一方、2005年に公共交通機関の同時多発テロが起きたロンドンの現状はどうだろうか? このテロ事件では、ロンドン中心部の地下鉄3カ所と2階建てバスでほぼ同時に爆発が起き、全部で56人が亡くなる痛ましい事件となった。その後、駅構内のゴミ箱は、日本の地下鉄サリン事件後と同様、一気に減らされた。

英国では「ゴミ袋」が大活躍

しかし現状では、地下鉄、旧国鉄のナショナルレール各駅ともに、大きな透明のビニール袋を下げるだけの簡素なものが多用されている。「中身が丸見えで怪しいモノを仕掛けにくい」という理由によるものだが、回収時は「袋を外して交換するだけ」と維持管理が簡単というメリットもある。


ロンドンの駅構内では至るところにゴミ袋がある(筆者撮影)

ロンドンの地下鉄構内にこのタイプのゴミ入れが登場したのは2011年6月のことだ。英国では、2005年の同時多発テロの以前にもアイルランド独立闘争を行ってきた武装組織・アイルランド共和軍(IRA)が、公共の場にある金属製のゴミ箱の中に再三に渡って爆弾を仕掛けるテロ行為を働いていた。

その当時、爆発によって多くの市民が割れたガラス窓などでケガをすることも多かったという。ちなみに現在、IRAの動きはほぼ沈静化している。

このような背景もあり、ロンドン市役所は無料の朝刊紙「メトロ」や市内の清掃に努める市民団体と共同で、透明ビニール袋タイプのゴミ入れを導入した。ロンドン交通局はこのゴミ入れについて「常に厳しい安全上のチェックを行っている」とした上で「保安上に適した場所に設置を行っている」と説明している。

ロンドンでは、日本のように要人が来たからといって駅構内のゴミ袋を撤去することもない。貯まっているゴミが外から丸見えというだけでなく、地下鉄駅構内に設置されたゴミ入れはすべて監視カメラ(CCTV)により見張られているからだ。

日本でもゴミ袋を導入してはどうか

ゴミ入れについて本当に「厳しい安全上のチェック」が行われているのか気になった筆者は、地下鉄駅にあるゴミ入れの周辺をランダムにチェックした。どの駅でも確かにすぐ近くにしっかりとカメラが取り付けられ、不穏な動きがあったらすぐに察知できる手はずが整えられているように感じられる。

不特定多数の人々が利用する駅や列車でのゴミ処理問題は、日本に限らず各国の運行事業者にとって頭の痛い問題だ。解決に向けての施策としては、簡単な仕掛けで対応できるゴミ袋を設置すれば、ずいぶんと改善するのではないだろうか。

東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて、ますます多くの外国人観光客が日本にやってくる。ロンドンの例をみてわかるとおり、ゴミ捨てに対する考え方は国によって違う。こうした「ゴミ捨てに関する意識が違う外国人」向けのゴミ対策について東京メトロは「検討中」とのみ答えている。交通機関各社には、新たな知恵と努力でこれまでと違ったゴミ回収の方法を講じてもらいたいものだ。