株が少し下がってきたみたい。投資信託を買ってみたいが、なんかわかりにくい。少なくとも4つの理由がありそうだ(Ushico / PIXTA)

株式が上昇基調です。今はちょっと小休止のようですが、世界的に景気が堅調ということもあり、今後も上昇するという見方をする専門家が少なくないようです。上昇するかどうかはともかく、「株を買ってみたい」という投資初心者にとって、個別の銘柄に投資するよりもハードルが低そうなのが投資信託ですが、実際は必ずしもそうではありません。今回は投資信託を難しく感じさせる「4つの理由」を整理してみましょう。これを読んだ読者の皆さんが、安心しておカネを増やすことに前向きになってもらえれば幸いです。

投資信託が初心者に向いているといわれる理由

株式や債券など、複数の商品が「詰め合わせ」になっているのが投資信託です。株式や債券は個々に投資をしているため、対象がはっきりわかるのですが、投資信託は詰め合わせになっている分、実は、商品の仕組みは複雑といえます。

それでも、なぜ投資信託が初心者に向いているといわれるのでしょうか。それは投資信託なら少額で分散投資ができるからです(最近は個別銘柄でもスマートフォンを通じて1000円で投資できるサービスなどが出てきました)。

資産運用の世界には、「卵を1つのかごに盛ってはいけない」という言葉があります。持っている卵をすべて同じかごに盛って運んでいたら、そのかごを落としたら卵は「全滅」してしまいます。ところが、いくつかのかごに分けて運べば、1つのかごを落としてしまったとしても、ほかのかごに盛っていた卵は守られます。たとえば、日本の円預金だけで保有している場合、円の価値が下がると相対的に保有資産の価値が下がることになります。性格の違う資産に分散し保有することで、資産の保全につながります。

しかし、性格の違う資産を持つために、株式や債券を検討すると、購入単価の大きさというハードルに直面します。1銘柄の単元株が10万円以上かかるとすると、大金を持っていないと数十社、数百社と分散して投資することはできません。

その点、投資信託なら、購入者から集めたおカネを取りまとめて、ファンドマネジャーが運用するため、自分は1万円だけの購入であっても、複数の会社に分散投資できていることになります。

自分でいろいろな金融商品に分散投資を行う場合、購入した商品の値上がり・値下がりなどをチェックして買い増しをしたり、売却をしたりと、資産全体のバランスを調整し続けなければなりません。資産運用を楽しめる人なら別ですが、できればそこに手間や時間を割くことは、望まない人が多いはずです。投資信託なら、自動的にバランスを調整してもらいながら運用してもらうことで、手間や時間を節約することができます。

「投資信託は難しい」と感じる3つの理由

しかし、それでも投資信託は初心にはなんとなくハードルが高いと思われがちです。理由は主に4つあります。最初に3つをお話しして、最後に4つめ目の理由を挙げたいと思います。

まず、自分で単体の銘柄を複数選んで購入するわけではなく、ファンドマネジャーが詰め合わせにした商品を購入することになるため、商品の構成や料金体系は複雑になりがちです。

次に、購入する際は購入価格のゼロ〜3%程度(販売手数料・購入手数料)、また保有中は年ごとに、運用している金額の0.2〜1.5%程度(信託報酬等)、さらに売却する際は売却金額の0.1〜0.5%程度(信託財産留保額)というように、主に「3カ所」で手数料がかかります。この点、元本は保証され、利息が上乗せされていく預貯金と違い、運用結果はわからないものの、手数料は確定するため、元本が割れているところからスタートするという見方もできます。もちろん、支払う手数料以上に運用で増えることが期待できなければ、不利になります。

3つ目としては、具体的な商品を自分で選択するわけではないため、投資信託の運用方針を見て、購入を検討することになります。投資信託は構成されている中身によって性格・特徴(今風の言葉でいえばキャラ)が全然違う商品になりますが、その性格を読み解くために基本情報をしっかり知っておく必要がある点も、初心者に難しい印象を与えます。

では、投資信託の性格や特徴=「キャラ」を読み解くにはどうすればいいでしょうか。「アセットクラス」と「運用手法」の分類を知っておくとグンとわかりやすくなります。

まず「アセットクラス」とは、性格が似た商品をクラス分けする考え方です。大きく「6つ+アルファ」のクラスに分けることができます。具体的には1.日本株式、2.日本債券、3.先進国株式、4.先進国債券、5.新興国株式、6.新興国債券、そのほかに不動産や金、コモディティなどがあります。キヤノンやトヨタは同じクラス(日本株式)ですし、アマゾンやフェイスブック(先進国株式)とは別のカテゴリーになるわけです。

あくまで一般的な考え方ですが、リスクの大きさは、日本→先進国→新興国(新興国が一番高い)、また債券よりも株式が大とされています。みなさんが、低リスクを好む場合は日本債券の比率が高い投資信託を、高リスクでも高いリターンを好む場合は、新興国株式の比率が高い投資信託を選択することになります。

もう1つの「運用手法」には、大きくパッシブ運用とアクティブ運用という2種類があります。

初心者はパッシブ運用を選ぶのが無難

パッシブ運用とは、日経平均株価など、目安となる指数に連動した運用を目指す投資手法です。「○○インデックスファンド」などの名称で販売されている商品も多く、聞いたことのある読者も少なくないと思います。

一方、アクティブ運用とは、指数に連動させるのではなく、個別の銘柄などを分析しつつ投資をすることで、日経平均等目安となる指数を上回る成績を目指す手法です。分析や運用に手間がかかる分、アクティブ運用では、パッシブ運用の投資信託よりも手数料は高い傾向にあります。


運用成績は未来のことで未確定のため、確定する支払いである手数料は低いほうがよいという考え方があります。

あくまで一般的な話ですが、初心者は、パッシブ運用であるインデックスファンドを選択するのが無難といえます。投資信託は非上場の商品が多く、値段は1日1回算出される基準価格を基に決められます。

一方、非上場の投資信託のインデックスファンドと中身にあまり違いはないものの、投資家が上場株式として取得する投資信託が、株価指数連動型投資信託(ETF)です。このほか、顧客のニーズをヒアリングし投資信託を使って運用の一任契約を結ぶファンドラップ、ロボアドバイザーのアドバイスに基づいて購入できる投資信託など、投資信託の仕組みを応用した周辺サービスも多くあります。投資信託という一言で片付けるには、対象が意外に広いため、どこからどこまでが投資信託なのか、と感じる人も多いようです。これが投資信託をわかりにくくしている4つ目の理由です。

手数料の種類、アセットクラス、運用手法、周辺商品の存在など、4つのことを理解すると、投資信託が初心者に向いているとされる、少額で手間をかけずに分散投資ができるという特徴を生かすことができます。投資信託を難しく感じさせるこの4つの要因を整理して、自分に合う運用を開始、そして継続していけると理想的です。