経済的に豊かな国は、芸術・文化へ目を向ける余裕が出てくるものですが、それは日本のお隣、台湾でも例外ではありません。台湾出身の評論家・黄文雄さんは自身のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の中で、台湾が90年代以降に推し進めてきた「ソフトパワー」に次いて詳述。その象徴として、旧日本統治時代に建てられた歴史的建造物などが、次々と現代アートや若者たちの表現発表の場所として生まれ変わっているそうで、そのオススメのスポットを紹介しています。

【台湾】世界屈指の現代芸術推進国・台湾のソフトパワー

21世紀に入ってからの台湾は、ソフトパワーの増強にシフトしてきています。

戦後、日本経済が興起し、それに牽引される形でアジアNEEDSが登場し、台湾もその仲間入りを果たしました。

その後、90年代に入って日本経済がバブル崩壊によって弱まる前は、一時は日本と台湾が世界の株式市場で上位を競ったこともありました。そして、90年代以降のグローバリズムによりBRICsが台頭したことで、台湾の資本と技術は中国へと流れていき、台湾国内は産業の空洞化減少が昂進し、IC王国の地位も失ってしまいました。

それでも、アジア通貨危機の際は、台湾は債権国として各国に資金を提供し、今でも債務国にはなっていません。日本が「失われた20年」を抱えているのに比べて、台湾の経済成長は低くても3%は維持してきています。この堅調な経済事情があるからこそ、台湾はソフトパワーにシフトすることができているのです。

2016年、国際インダストリアルデザイン団体協議会が運営する世界的な展示会「ワールド・デザイン・キャピタル Taipei 2016(WDC Taipei 2016)」が台北で開催されました。WDCとは、国際インダストリアルデザイン団体協議会(ICSID)と国際グラフィック団体協議(ICOGRADA)により世界中の立候補都市から一つの都市が選出され、年間を通して「デザイン」を軸に様々なイベントを実施する、官民をあげての一大イベント。台北は世界で5番目の開催都市に決定しました。

台湾政府が現代芸術の育成に力を入れていることもあり、台湾の芸術家は政府からもバックアップされ飛躍的に向上し、いま世界中から台湾の現代芸術に注目が集まっています。

そのため、台北市内には現代芸術に触れられるスポットがいくつもあり、気軽に訪れることができます。その外観は、それぞれがとても特徴的でオシャレな雰囲気を出しており、館内のカフェでのんびりと過ごすこともできるのです。そうした現代芸術に触れることができる代表的な場所をいくつかご紹介しましょう。

●華山1914・文創園区

まずは、ここが代表的な現代芸術スポットでしょう。日本統治時代の古い酒造工場をリノベーションした建物で、人気の雑貨屋やカフェなどが立ち並ぶ、おしゃれなエリア。ライブハウスやレストランもあり、ギャラリーはほとんどが無料。

image by: asiastock / Shutterstock.com

広い芝生ではお弁当を食べたりしている人もいて、のんびりとした空間となっています。様々なイベントも開催されており、アートな雰囲気と建物を見て歩くだけでなく、活動に参加したり、のんびりとした休日を過ごすには最適な場所です。昼間と夕暮れ時には違う顔を見せてくれるのも魅力です。

●台北当代芸術館

入館料は50元。台北バスターミナルから徒歩数分で、小学校の跡地を利用した、現代アートがメインの美術館です。常に何かイベントを開催しており、新進気鋭の若手芸術家の作品展、無料の映画上映、学生の作品展など、内容は様々です。

image by: Googleストリートビュー

夜のライトアップもステキです。似たような現代芸術美術館に、「台北市立美術館」( 台北市中山北路三段181号)もあります。

●台北光點・台北之家

元アメリカ大使館を利用した建物で、館内には映画館、ショップ、カフェ、貸し会議室などが入っています。展示会などのイベントも要チェック。こちらも昼と夜の顔は違うので、一日いても退屈しません。

上記以外にも台北市内の芸術スポットはありますので、興味がある方はぜひ探して見て下さい。近代芸術に触れられるのは台北だけではありません。地方に行っても、芸術ストリートといった赴きの通りや、若手芸術家によるいたずら心溢れる壁画や、斬新なデザインの小物ばかりを集めたファンシーショップなども散見できます。

また、台北ではショートフィルム映画祭のようなイベントも定期的に行われており、世界から芸術観賞を目指した人々が集まってきています。芸術を通した日台交流も近年では盛んに行われています。映画、絵画、陶芸、刺繍など、あらゆる分野の芸術において日台交流が行われ、若手どうしの交流に触発されて留学する若手芸術家もだんだんと増えています。日台の芸術交流については、台北駐日経済文化代表処台湾文化センターも一役買っているようです。

●台北駐日経済文化代表処台湾文化センター

台湾のソフトパワーへのシフトは、政府主導ではなく民間が先行して実現したものです。2014年、FBI のデータを参考に「犯罪率」を主軸として選出した「世界安全な国ランキング」では、一位が日本で二位が台湾となっています。台湾の社会秩序、治安は世界レベルでも高いことが証明されました。

それだけではありません。台湾政府は高齢者福祉や医療に力を入れ、より住みやすい国を目指すために社会のソフトパワーを整備しています。その一環として、現代芸術を推進しているわけです。台北だけでなく、高雄市には港の海運倉庫跡を利用して芸術公園「駁二芸術特区」を造りました。屋外にはお大きなオブジェがあちこちに配置され、屋内では様々な展示やショップ、カフェなどが設置されていて、市民や観光客を楽しませてくれています。

●駁二芸術特区

台南市も台中市も同様に頑張っています。こうした現代芸術の育成を地道に続けることで、芸術が深まり、社会が成熟し、人々の生活が豊かになっていくのでしょう。たまには身近にある芸術に触れてみるのもいいかもしれません。

image by: asiastock / Shutterstock.com

MAG2 NEWS