12日、人民網など複数の中国メディアによると、中国重慶市でエスカレーターが突然崩壊する事故があった。

写真拡大

2017年11月12日、人民網など複数の中国メディアは、中国重慶市でエスカレーターが突然崩壊する事故があったと伝えた。

報道によると、事故が発生したのは10日。重慶市江北区五里店の東方灯広場にある上りエスカレーターのステップが、突然次々と崩落。事故当時、エスカレーターに乗っていた人はおらず、けが人はいなかったという。

これについて、重慶市江北区委員会は「突然崩落した」という見方を否定しており、「エスカレーターに故障が発生したために、作業員が修理のために現場でステップを外した。立ち入り禁止の柵を立てたり、看板を立てたりするのが間に合わなかったため、野次馬がやってきて誤解を与えた」と説明している。エスカレーターが動いてステップが落下した原因については、一部で「作業員が操作を誤った可能性がある」と伝えられているが、詳細はわかっていないそうだ。

ただ、動画を見る限り、ステップが落ちている際にはエスカレーターの上部にも下部にも作業員らしき人の姿は見られず、通行人が近くを通っているため非常に危険だ。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)では、ステップが崩壊する様子を映した動画や写真が転載されており、ネットユーザーからは、「とにかく、けが人がいなくて本当によかった」「手抜き工事だな」「もし人が乗っていたら…考えただけでゾっとする」といった声が寄せられている。(翻訳・編集/北田)