体を冷やす“水”が流れ出て、体の芯からポカポカに。
湯船に3分間入り、3分間体を冷やすことを3回繰り返すことで、体を芯から温める入浴法をご紹介。

体にたまった“水”を汗で排出し冷えとりに

冷え取り健康法を提唱する医師、石原結實氏を父にもつ内科医の石原新菜先生。お父様から伝授された、3・3・3入浴という、ちょっと変わった方法を続けているおかげで、1年中冷え知らずの体質だと言います。

そもそも冷えや低体温の大きな原因は、体にたまった水分です。冷えをとるには、たまった“水”を出すことが重要。また、体を温めて血液の循環をよくすることも必要です。そのために効果的なのが、3・3・3入浴。熱いお湯に短時間つかるのを繰り返し、どんどん血流をアップさせて、ぽかぽかサイクルを作ります。すると風呂を上がる頃には全身から汗がふき出し、体を冷やす“水”が汗で流れ出します。

老廃物が排出され、むくみも改善

体温が上がると、腎臓の機能がアップ。発汗と利尿効果で老廃物が排出され、デトックスに。水圧の力で下半身の血流もスムーズになり、むくみ改善にもつながります。

「3分間お湯につかる」、「3分間体を冷ます」を3回繰り返す

3・3・3入浴は、「3分間お湯につかる」、「3分間体を冷ます」を3回繰り返すことから名付けられたものです。3・3・3入浴は全身から発汗し、内臓も温まるので体が活動的な状態に。就寝前は避け、最低でも寝る1時間前には入浴を終えるようにしてください。

3・3・3入浴のやり方

1. 3分間体を温める

42度くらいの熱めのお湯に首までつかる。高温のため血管の収縮反応も早く、代謝も上がり汗が出る。

2. 3分間体を冷ます

湯船から出て体や髪を洗いながら体を冷ます。体温を下げるのは、温度差が発汗を促すため。冷水をかけてもOK。

3. 1と2を3回繰り返す

湯船に入るのと、出て体を冷ますのを3分ずつ繰り返すと血流がよくなり、汗が大量に出るように。

お湯に粗塩やすりおろし生姜を入れるとさらに効果アップ

さらに効果をアップさせたいなら、お湯に粗塩ひと握り(約50g)を入れると冷え防止により効果が。イオンの皮膜が、肌表面から熱が逃げるのを防ぐので、洗い流さずに出るのがコツです。
また、発汗作用をアップさせたいなら、皮ごとすりおろした生姜1個分を布袋にいれて湯船に。ただし生姜は刺激が強いので、肌の弱い方は避けましょう。

入浴後の過ごし方も大切

入浴後は体が温まっているので、冷水をがぶ飲みしたくなりますが、せっかく温めた体を冷やすので避けて。水を飲むなら、入浴で汗をかいた分の水分を補う程度に常温の水を飲みましょう。また、入浴後は肌にフィットし、保温効果のある下着を着ると体温が下がりにくくなります。その上からパジャマを着るようにすると、隙間から冷えた空気が入らないのでおすすめです。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと