ベルギー戦はアンカー起用の可能性が高い山口。アグレッシブかつタイトなディフェンスで中盤の守備力を高めたい。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 ブラジル戦を終えて、山口蛍のなかにはひとつの指針ができたようだ。
 
「ネイマールとかウィリアンとか、前を向かせると速いから、やられてしまう」
 
 それを踏まえて、ベルギー戦にはどう挑むのか。
 
「前を向かせないのが一番だと思う。しっかりとついていく。それしかない。前を向かせたら、1対1でやられてしまう可能性のほうが高いので」
 
 よりアグレッシブかつタイトなディフェンスが重要になってくるが、仮にアンカーで起用された場合、自分の持ち場を離れれば中盤の底にぽっかりとスペースが空いてしまう。
 
「アンカーで出る以上は、(スペースを)空けるわけにはいかないので、そこは前のふたり(インサイドハーフ)とうまくコミュニケーションを取ってやっていくしかない」
 
 ただし、あまり流動的に動きすぎるのも問題だ。
 
「みんなプレスをかけて、動いているなかで、振り回されて、奪って、そこからつなぐとなっても、中盤は特に走っているからキツい部分もある」
 
 正直に話す山口だが、だからといって、プレー強度を下げるつもりは一切ない。
 
「でも、逆にそれをやっていかないとダメだなと思っています」
 
 世界レベルを肌で感じて、多くの“何をすべきか”を吸収した。あとはそれをピッチ上で表現するだけだ。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】前半だけで3失点...後半に槙野が1点を返すもブラジルに完敗