子供を指導する上で求められるものとは…【写真:Getty Images】

写真拡大

【連載コラム】ドイツ在住日本人コーチの「サッカーと子育て論」――試合に出たい子供を起用するには

 子供はみんな試合に出たい。監督もみんなを試合に出したい。

 でも、試合となると誰だって勝ちたくなるし、試合にのめり込んでいろんなことを考えているうちに、選手交代のタイミングを見誤ったり、何人かの選手を出場させられないこともある。先日、U-10チームの試合で最後まで出場できなかった子供が2人いたという。普段は心優しく、ちゃんとみんなを起用する監督だが、その日はチームの出来があまり良くなかったこともあり、どこか他のことに気を奪われてしまったのだろうか。

 楽しみにしていた試合に出られなかった悲しみは大きい。1人は他の用事をキャンセルしてこの試合に駆けつけていたと、お父さんが話していた。

 後日、自分のミスを認めた監督は、自身の起用法をチームの前で子供たちに謝った。子供たちにもその想いはしっかりと伝わった。

 1週間後の次のリーグ戦、チームは相手に3点リードを許すという展開だったが、監督は全選手をしっかりと起用した。誰も諦めなかった。みんなが精一杯のプレーをしようと走った。思いが一つになった時のチームは強い。後半猛攻を見せたチームは、6-5の逆転勝利を飾った。

勝利以上に大切な、全員で「最後までチームとして戦う」環境

 試合後、監督からのメッセージがグループチャットに届いた。

「試合が終わった瞬間、みんながピッチに駆け込んで、抱き合って、喜び合った。あの景色には本当に感動したんだ。僕らは最後までチームとして戦った」

勝ったことはもちろん素晴らしい。これほどの逆転勝利はなかなかない。でも、それ以上に大切なものを子どもたちも、そして監督・コーチも手にしたのだと思う。

「チームのために」という言葉で試合に出さないことをごまかしてはいけない。誰もが「チームのために」戦える場所。それを提供するのが指導者であり、それを奪うようなことがあってはならないのだ。

 前回出れなかった子供たちは勝利に貢献した大事な選手としての誇らしさを胸に、何度も何度も親に今日の試合について語ったことだろう。