ヒプノシスマイク、サ上・UZI・ALI-KICKら参加の『BAYSIDE M.T.C』トレーラー公開

写真拡大

 男性声優12人によるラッププロジェクト「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」が、11月15日にリリースする第二弾CD『BAYSIDE M.T.C』のトレーラー映像を公開した。

トレーラーはこちら

 同シリーズは、「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」とは、声優史上初のラップ音楽原作のCD企画。参加するのは、木村 昴、石谷 春貴、天 滉平、浅沼 晋太郎、神尾 晋一郎、駒田 航、速水 奨、木島 隆一、伊東 健人、白井 悠介、斉藤 壮馬、野津山 幸宏の12人で、それぞれがキャラクターに扮して作中でラップを繰り広げるというもの。12人のキャラクターはイケブクロ、ヨコハマ、シンジュク、シブヤと4つのディビジョンで構成され、1チーム3人のCDとして、3週間毎にリリースされる。キャラクターデザインはIDEA FACTORY、オトメイトが担当した。

”ヒプノシスマイク「MAD TRIGGER CREW / ヨコハマ・ディビジョンMAD TRIGGER CREW」Trailer” 今回公開した『BAYSIDE M.T.C』は、作詞をサイプレス上野、作曲・編曲をALI-KICKが行った碧棺 左馬刻(CV.浅沼晋太郎)の楽曲「G anthem of Y-CITY」、作詞をHOME MADE家族のKURO、作曲をBUZZER BEATSのCHIVA、KUROが行い、編曲をCHIVAが担当した入間銃兎(CV.駒田航)の楽曲「ベイサイド・スモーキングブルース」、作詞をUZI、作曲・編曲をALI-KICKが行った毒島メイソン理鶯(CV.神尾晋一郎)の楽曲「What’s My Name?」の3曲を収録している。(リアルサウンド編集部)