アレクサンダー・ズベレフ【写真:Getty Images】

写真拡大

自身初のツアーファイナルズ初戦、「ナーバスになる」もチリッチを撃破

 男子テニスのATPツアーファイナルズがついに開幕。8名の選手が4名ずつの2グループに分かれ、各グループで総当たり戦を行う「ラウンドロビン」の2試合が12日に行われ、世界ランク2位のロジャー・フェデラー(スイス)と同3位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)がそれぞれ勝利した。次戦はこの2人が激突するが、ズベレフはフェデラーに敬意を表しつつ、「このグループの誰もがフェデラーを倒す能力がある」と“挑戦状”を送った。ATP公式サイトが報じている。

 今年1月、ズベレフは全豪オープンで世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)相手にフルセットに及ぶ死闘(結果は2-3で敗戦)を演じたことで名を馳せた。その後マスターズ1000のBNLイタリア国際でノバク・ジョコビッチ(セルビア)を、ロジャーズカップではフェデラーをそれぞれ決勝で下してタイトルを手にするなど、一躍飛躍を遂げている。

 今大会初戦は世界ランク5位のマリン・チリッチ(クロアチア)と対戦し、6-4、3-6、6-4で勝利。ATP公式サイトによれば、自身初のツアーファイナルでも「僕はちょっとナーバスになってしまった。ただそれは誰もが最初にプレーする時、普通のことだと思う」と緊張感を受け入れて戦い、2014年全米オープン覇者相手にもたくましさを見せた。

「願わくば、今回も素晴らしい試合の中に加えたい」

 2時間4分に及んだ試合でマークしたウィナーの数は計31本。対戦相手のチリッチも「彼は良いプレーぶりだった。試合の中盤は自分のほうが良く、彼は流れを取り戻すために苦しんでいた。しかし彼は素晴らしく、勝利を掴み取った。それが重要なことだ」と称えるほどだった。

 次戦で相見えるのは16歳年上で、今年完全復活を果たしたフェデラーだ。それについて問われたズベレフは、「僕はこのグループの誰もがフェデラーを倒す能力があると思う。ただ彼はどの試合でも見せてきたように、圧倒的な優勝候補だ。今年何回か彼と対戦して、すべてが素晴らしい試合だったよ。願わくば、今回の試合もその中に加えたい」と話したという。

 テニス界のレジェンドへのリスペクトを忘れない一方で、20歳の怪物らしい野心も感じさせる。ニュースター候補はフェデラーとの再戦で、さらなる成長を果たすことは間違いない。