汐留「アドミュージアム東京」がリニューアル - 江戸から現代まで、厳選された広告を展示

写真拡大

東京・汐留にある日本唯一の広告ミュージアム「アドミュージアム東京」が、2017年12月1日(金)にリニューアルオープンする。

日本で唯一の“広告博物館”

30万点の収蔵資料を誇る「アドミュージアム東京」は、世界に例のない広告専門のミュージアム。2002年の開館以来、190万人を超える人々を動員した同館が、オープン15年を迎える2017年に初のリニューアルを実施した。

マーケティングのルーツは江戸時代にあり?!「ニッポン広告史」

常設展示となるのは、広告にまつわる歴史やさまざまな情報を学ぶ「ニッポン広告史」。かつて、現代経営学の父であるピーター・ドラッカーに「マーケティングの原点は日本の江戸にあり」と言わしめた江戸時代の広告は、現代のタレント広告やSNSの原点でもあるといわれている。そんな広告活動の原点といえる江戸時代から現代まで、時代と広告、そして人と広告の関わりの歴史を、同館のコレクションを中心に映像やデジタル展示も交えて紹介する。

“気持ち”を揺さぶる広告に焦点を当てた常設展示も

同じく常設展示として設置される「4つのきもち」と「デジタルコレクションテーブル」は、 広告に触れ、体験する視聴ブース。「きもち」ごとにキュレーションした「4つのきもち」は、圧倒的な共感を生んだ広告、深く考えさせられる広告など、気持ちを強く揺さぶる広告に焦点を当てた展示だ。

一方の「デジタルコレクションテーブル」では、タッチ式のデジタルテーブルで思う存分広告作品を鑑賞出来る。1950年代から現在までのテレビCM、ポスターなど約2000点の広告資料を5台の大型タッチ式モニターで紹介。画面上に流れる数多の広告の中から、自分の興味や関心にあわせて、気になったものを自由に楽しめる。

優れたアイデアの裏側に迫る企画展

話題のヒット作や便利な日用品など、優れたアイデアの裏側には何があるのか。リニューアルオープンから2018年2月24日(土)まで開催される「『思いつく』を考える展」は、「思いつく」の過程に迫り、考えることの面白さを伝える企画展示。

単なる才能や感性の産物ではなく、「思いつく方法を見つける」ための地道な努力の成果でもある様々なアイディアを集約した展示を見れば、明日からの仕事や生活を変えるヒントが見つけられるかもしれない。

そのほか、28,000点もの図書資料を収蔵する、広告・マーケティング専門のライブラリーも設置。広告に関わる人もそうでない人も、様々な広告を通して新しい発見と出合うことが出来るようなオープンな施設となっている。

施設情報

「アドミュージアム東京」
リニューアルオープン日:2017年12月1日(金)
住所:東京都港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留
開館時間:火〜土 11:00〜18:00
休館日:日曜、月曜
入場料:無料


[写真付きで読む]汐留「アドミュージアム東京」がリニューアル - 江戸から現代まで、厳選された広告を展示

外部サイト

  • 映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』創造の舞台裏に密着したドキュメンタリー
  • 映画『パディントン2』日本語版に松坂桃李、紳士なクマ"パディントン"の愛らしい姿再び
  • ヘインズの白Tシャツをリデザイン、J・ビーバーのスタイリストが手がける9型 - ドーバー 銀座限定