川谷絵音さん/画像は公式Twitterより

写真拡大

indigo la End/ゲスの極み乙女。のボーカルギター・川谷絵音さんが、自身のTwitterに新曲として「マジ卍」と名付けた楽曲の弾き語り動画を投稿しました。

【ゲス極川谷、透き通る歌声で「マジ卍」 ファン「卍ィ!✊」の画像・動画をすべて見る】

JKのあいだでよく使われる流行語「マジ卍」をそのまま直球で歌いあげ、7000リツイート、26000いいねを超えるほど話題になっています。

ゲス極。川谷、渾身の「マジ卍」



猟奇的なキスを私にして」や「私以外私じゃないの」などの楽曲で知られるバンド・ゲスの極み乙女。の楽曲すべてで作詞曲をつとめる川谷絵音さん。高音の透き通るような歌声とテクニカルなバンドサウンドが高い評価を集めています。

そんな川谷さんが投稿した「マジ卍」。この言葉、聞いたことありますか?

JKを中心に2016年頃から流行りだした言葉で、ガチ、気合いのようなニュアンスで使われます。ほかにも「イカつい」「本当(マジ)?」のような用途もあったりしますが、あくまでニュアンスで、意味はあまりありません。

例えるならば、漫画『ONE PIECE』の「ドンッ!」のようなものですね。

動画では、川谷さんがギターをかかえ弾き語り。11月10日のライブで即興演奏されたものを新たに歌い直したようです。

普段のおしゃれな楽曲との落差からか「卍しか言ってへんwww」「まじ卍なんなんですか」「何か嫌だーーーー(´;ω;`)!!!!」と、批判的な声も上がっていますが、「マジ最高マジ卍」「卍ィ!」とおそらく賞賛であろうコメントも多く投稿されており、卍世代のリアルな反応が垣間見れます。卍ィ!✊