代官山蔦谷書店で「奈良の木」をテーマにイベントが開催される

写真拡大

代官山 蔦谷書店で11月16日(木)から19日(日)の期間、「『奈良の木』のあるくらし〜森からの贈り物〜」フェア関連イベントが開催される。

【写真を見る】ここでしか買えないアイテムが多く揃っている

奈良の木を代表する「吉野杉」や「吉野檜」をはじめとした、 様々な吉野材を使って、 代官山 蔦屋書店コンシェルジュと日本を代表するデザイナー・作家・職人が、 暮らしにしっくりと馴染む、 新しいアイテムを提案していく。 HOMEWAREブランドSEE SEEのランプシェードや、木工作家である紀平佳丈の敷板、蓮弁皿他、今ここでしか買えない限定アイテムがそろう。期間中にはいくつかのトークイベントや、ワークショップも開催される。都心で「奈良の木」に触れて、文化・歴史を感じよう。【ウォーカープラス編集部/末次延蔵】