10日、鳳凰網など複数の中国メディアは、中国で行われたある結婚式の動画に、ネットユーザーから非難の声が噴出したと報じた。

写真拡大

2017年11月10日、鳳凰網など複数の中国メディアは、中国で行われたある結婚式の動画に、ネットユーザーから非難の声が噴出したと報じた。

紹介された動画は、雲南省大理市にある湖付近の屋外で最近行われた結婚式の様子だという。旧日本軍の軍服を模した格好の新郎がのしのしと歩き、正面にいる純白のウエディングドレスの新婦のもとに近づいていく。そして新婦の前に立つと「よし、花姑娘(ホアグーニャン)」と叫んで新婦の肩に手を回し、連れ去ろうとする。そこで周囲から歓声が起こり、新郎はギャラリーの方を向いて頭を下げながら再び何かを叫んでいる。

「花姑娘」は、中国大陸にいた日本兵がしばしば用いていたとされる言葉で、若い娘を意味する。昨今の「抗日神ドラマ」でも、村落を襲撃して物を略奪し、若い娘を捕まえようとする日本兵役のセリフとしてよく使われているようだ。

この動画を見た中国のネットユーザーからは、「頭が悪すぎる!」「低俗極まりない」「侮辱だ」「実に気分が悪い」「村のお年寄りたちは憤慨していることだろう」「民族の恥を娯楽として消費するのは、世界を見ても中国人だけだろう」といった非難のコメントが大量に寄せられた。

また、「これは抗日神ドラマのせいだ!」「エンタメ界とメディア界の強力な宣伝で、悲惨な歴史が喜劇に変えられてしまった」「もう放送禁止にせよ」など、荒唐無稽な演出に批判が集まっている抗日ドラマを批判する意見も見られた。このほか、「ドイツでナチスの格好をしてナチス式の敬礼で結婚式をしてみれば?」「これがドイツだったら刑事責任を問われる」といった声もあり、中国でもこのような行為に対する罰則を設けるべきだとの主張も見られた。(翻訳・編集/川尻)