画像提供:マイナビニュース

写真拡大

スズキは13日、小型乗用車「スイフト」の特別仕様車「XGリミテッド」と、足まわりに欧州仕様のチューニングを施した「RS」にCVT車を追加設定して発売した。

特別仕様車「スイフト XGリミテッド」は、「スイフト XG」をベースに、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」としてデュアルセンサーブレーキサポートをはじめとするセーフティパッケージを標準装備。クロームメッキを施したフロントグリル、本革巻ステアリングホイールを採用して質感を高め、LEDヘッドランプをメーカーオプション設定とした。駆動方式と変速機の組合せは、2WD+5MT、2WD+CVT、4WD+CVTの3タイプを用意している。

「スイフト RS」は、速度域の高い欧州の道路環境を想定し、フラットでしっかりとした乗り味と直進安定性を発揮するチューニングを施したグレード。これまでは2WD+5MT車のみの設定であったが、今回追加されたCVT車には2WDと4WDの2タイプが用意され、より幅広いニーズに対応している。

価格は「スイフト XGリミテッド」が145万6,920〜161万5,680円、「スイフト RS」CVT車が159万4,080〜174万8,520円(ともに税込)。