これまで以上のハードワークを重視する吉田。「強くて、速くて、上手い」と評するルカクを止めることができるか。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 ベルギーのエース、ルカクとはプレミアリーグで何度も対戦している。
 
「強くて、速くて、上手い。足もとの“雑さ”がなくなって、より質の高い選手になった。ひとつふたつチャンスがあれば、必ずモノにしてくるはず。90分を通して、どれだけ抑えられるか」
 
 そう警戒を強める吉田麻也は、これまで以上に個々が頑張りを見せなければならないと考えている。
 
「どのポジションでも、ベルギーには僕らよりレベルの高い選手が揃っている。彼ら以上にハードワークしなければならない。ブラジル戦はそこが少し足りなかったと思う。前の選手は二度追い、三度追いして、後ろの選手はもっと身体を張って。ガムシャラに、死に物狂いでやっていきたい」
 
 戦術的には「ポゼッションを捨てて、ブロックを作ってカウンターにすべてを費やしている」。ただし、まだまだ完成度は低いようだ。ベルギー戦を2日後に控えた紅白戦でも、問題点が噴出した。
 
「ハメ方がはっきりしていなくて、どこでハメるのか、どういうふうに相手にボールを持たせるかなど、ちょっと明確になっていなかった。そこは監督とも話さないと。あまりにも不透明な部分が多いかなと思いました」
 
 チーム全体のハードワークは大前提として、「より緻密に、より繊細な準備をするべき」と不動のディフェンスリーダーは語る。
 
 世界トップ5にランクインするベルギーとの一戦では、「ブラジルの時みたいに、相手がギアを下げる前に、どれだけ僕らができるか」をしっかりと把握し、今後のチーム強化につなげていくつもりだ。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】前半だけで3失点...後半に槙野が1点を返すもブラジルに完敗