ブラジル戦は途中出場だった乾。ベルギー戦は先発なるか。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

「隙や油断は、どのチームにもある」
 
 ブラジルのみならず、11月14日に対戦するベルギーも日本より格上の相手だ。だからといって、勝つチャンスがないわけではない。
 
 どこかに“綻び”が見えたら、そこを突破口にゴールを狙う。乾貴士はひとつの戦略を立てる。
 
「(ブラジル戦の)後半は前から行けるようになって、(守備が)だいぶハマりました。相手もやっぱり上手かったですけど、ミスするところはミスをしていた。
 
 最終ラインを比べると、ブラジルよりベルギーのほうが足もとの技術がない。(自分たちが)前から行ければミスが出てくると思うし、それに対して相手の攻撃の選手もイライラしてくるはず。そのへんが狙い目になってくるんじゃないかと、自分では思っています」
 
 3バックが予想されるベルギーの攻略法はこうだ。
 
「あまりスピードがないという情報なので、裏をしっかり突いていければ。CBとサイドハーフ(の間)とか、そこの嫌なポジションを取って裏に行くのが理想」
 
 いずれにしても、まずは守備から入る戦い方は変わらない。
 
「この前みたいに簡単に失点してしまうと、状況は悪くなる。まずは失点しないことをみんなが意識してやらないといけないし、そのなかで隙を突いていければ、自分たちにも勝つチャンスが十分ある。無駄な失点をしないことを意識してやるのが大事」
 
 ブラジル戦は途中からの起用だった乾だが、どんな使われ方でも力を発揮できる選手だ。単独で敵DFを剥がすその非凡なテクニックで、多くの決定機を生み出したい。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】前半だけで3失点...後半に槙野が1点を返すもブラジルに完敗